忍者ブログ

LEMON HART

Liquor & Cigar 洋酒と葉巻…時代に流されない気取り屋でいるのも悪くない

<< | 2017/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

広告

Disneyモバイルに乗り換えよう

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クリアな液体

さて、ちょいと良いお水を買ってまいりました。





VIVO


ちょいとお高い水ですな。
とある店で見つけ、特に何と無しに買ってきたのでありますが、何やら機能水の様です。
http://www.vivojapan.com/
公式ホームページを見る限り、スポーツに良いだとか、美容に良いだとか書いてあります。
能書きについては・・・少々胡散臭い気もしますが(笑
兎にも角にも呑みやすい水です。
分子が細かいと自称しているのが何処まで正しいのか分かりませんが、口当たりが非常に宜しい。能書きを除いても呑む価値ありと考えます。
地球上に存在する最高の水・ナノクラスター水ナノクラスター水VIVO(ヴィヴォ)500ml X 24本セ...


さて、水と言うと此方もオススメ。



ICE AGE

此方は先ほどの様な特別な水・・・と言う事は御座いません。
氷河を源泉としている・・・と言うちょっと壮大な所はありますがね。
VIVOもICE AGEも超軟水の部類でありますが、呑み比べるとICE AGEの方がワイルドな味わいに感じます。
此方も非常にオススメのボトルです。
アイスエイジ【無発泡】 1500ml  12本



おや、何時から水ブログに成り下がっているのやら・・・
おっと、成り下がったなんて言いますと水に申し訳立ちませんな(苦笑






CIROC


シロック。
フランスのVodkaであります。
Vodkaと言うとソヴィエt・・・ロシアと言うイメージが強いですが、Vodkaを生産している国は多いですね。
東欧、西欧、米国、変り種ではヴェトナムにも有る様ですね。
ベトナムウォッカ ルアモイ 45度600ml

美味しいかどうかは知りやしませんが(笑


さて、話が逸れましたが此方のシロック、世界初のブドウから作られたVodkaなのだとか。
フランスと言いますとシロック以外にグレイグース辺りが有名ですが、調べてみるとフランスの銘柄も中々日本に輸入されていますね。


だらだら書いていたって御酒の味なんざ分かりやしませんな(苦笑


~色~
限りなくクリア。
余談ですが、ボトルの下部はグラデーションがかかり青くなってゆくのが綺麗ですね。


~香~
Vodkaらしいアルコールの香りの中に、微かな甘味。


~味~
気になるお味は・・・うん、悪くない。
口当たりに仄かな苦味、その後に広がる甘み。
Vodkaと言いますと、スッキリしたものが多い中、どちらかと言えばまったりとした味わいになります。無論Vodkaとするとのお話しです。


秋の夜長、スピリッツを頂くとすると、ショットグラスでグイグイ呑むものよりも、少し落ち着いて呑めるものが良いですな。
特にVodkaではゆっくり呑めるものは中々無いかと。
CIROC、この仄かに苦く、甘く、優しい味わいは選択肢として悪くは無いと思いグラスを傾ける。
優しさに抱かれながら・・・。



【秋の味覚フェア】シロック ウォッカ

拍手[0回]

PR

狩人

気が付けば弥生も残るところは後僅か・・・。
年度末年度始めは、卒業・入学・入社など生きる内での大きなイベントがある時期でありますな。
焦ること無かれ、いつでも心を落ち着けておくことが大切でありますな。
恐るる事なかれ、臆病風は全てを持ち崩します。
罵る事無かれ、他人の卑下は心が荒みます。
全てが新しくなりますが、自分自身は肩書き以外そんなに変るものでは有りません。
気楽に行きましょう♪
御卒業、御進学、御入学、御入社お目出度う御座りますm(_ _)m


まぁ、小生や他のこの行事の当事者で無い方々は、この時期に新たに肩入れしてみてはどうでしょう?
後輩が増えることになりますので、その手本と・・・までは行かずともナメられ内容にせねばなりません(苦笑
千の言葉よりも一つの行動をモットーにやってゆきましょう・・・まぁ、小生が一番やらねばならんのですが(汗



はて、少しばかり春らしい御酒を紹介。
春というキーワードと、ウォッカというキーワードで有らば「ズブロッカ」と言う想像が出来ると思いますが、そうでは御座いません。
・・・書いていたら季節が合っているかどうかも怪しくなってきました(汗



HUNTER VODKA』&『Okhotnichya






ハンターウォッカ



オホートニチヤ




どちらもハンターウォッカの名を持つ御酒であります。
ハンターウォッカはポーランド産。
オホートニチヤはソヴィ・・・ロシア産ですね。



~色~

ハンターウォッカ:クリアですね。

オホートニチヤ:ウォッカとしては珍しく色付きで、薄めのブラウンですね。


~香~

ハンターウォッカ:GINの様な香りですねぇ、以外です。

オホートニチヤ:此方はイエーガーマイスターの様な甘い薬草酒の様な香り。


~味~

さてさて、ではハンターウォッカから・・・


オッ、コレは以外。GINの様な香りでしたので、苦味が強いかと考えておりましたが、GIN様な風味が広がったかと思うと、後はスッと流れてしまいます。
コレは美味しいですねぇ♪GINの香りが好きだけど苦くて・・・と言う方にはオススメです。しっかり味がついているのに、凄くキレが良いですね。グイグイと呑んでしまえる味です^^;



お次はオホートニチヤ・・・


コレは正反対。薬草酒の様な味わいです。
甘くないイエーガーマイスターか薄いウニクムですかねぇ。
呑みやすさは有りますが、ウォッカとしては珍しいような後味の長さ。
コレはコレでありですかね♪この風味は嫌いではありません。呑んでいると、もう少しもう少しと呑み過ぎそうですな(笑
ウォッカとしては珍しく、まったりとしている味ですね。



どちらも正反対の雰囲気の御酒。なれどもどちらもウォッカ。
どちらも正反対の味の五種なのに、どちらも美味い。
御酒の世界・・・面白いものです(苦笑



~本日のボトル~
ハンター ウォッカ


オホートニチヤ

拍手[1回]

STOLICHNAYA 100 Prppf

いや~、気が付くと日増しに暖かくなってまいります時分になりますな。


出会い有り、別れ有り、そして生命の息吹が感じられる季節でありますな。
小生のように、鼻を患っている方ですと、少々鬱陶しい時期かもわかりませんが(笑


はてさて、いくらかボトルが増えました(汗


購入前から紹介していないボトルもまだ幾らか・・・。
ま・・・まぁ、ポジティブに行きましょうか♪



『STOLICHNAYA 100Prppf』





ストリチナヤ ブルーラベル(100プルーフ)。


ストリチナヤと言いますと、赤いレッテルの40度のヴォドカで御座いますが、此方はそれの度数的に上位のボトル。
スミノフやウヰルキンソンの度数違いが存在するのと変りません。
ただ、このボトル、どうした訳か1リットルです(汗
いや、呑むものですから多くても良いんですが、ちょっと威圧感が(苦笑


~香~
常温で有ると言うことも一因でしょうが、レッドラベルよりもアルコールの香りが強いですね。


~色~
言うまでも無く、限りなくクリア。


~味~
・・・うん、非常に良いキック。40度のものよりも強いですね。
しかしストリチナ、呑みやすいですね。スッと体に入って行きます。
元々クセの無く、スッキリとキレの良く、ほのかに甘い御酒というのがストリチナヤのイメージです。此方のブルーラベルは、度数が上がっている分ドライに感じますねぇ。温度を下げればまた変ったイメージになるのでしょうが、クリアでキレがあり、ドライと言うイメージです。
悪くない・・・(苦笑


ガツンと呑みたいときには持って来いのボトルですね。
しかし、50度とそれなりの度数を示しますので、呑みすぎには御用心(苦笑





ストリチナヤ・ブルー

拍手[0回]

STARKA

夢と魔法の王国の、『バン・ギャラクティック・ピザポート』のピザが美味しかったなぁ・・・。

冒険とイマジネーションの海の、『リフレスコス(多分)』のポークリブがおいしかったなぁ・・・。


しまった(汗
喰らうことばかりになっておりましたね(汗
小生もディズニーなんて・・・っと思っていたクチでありますが、行けば非常に楽しいです。
乗り物が楽しめる方でないとランドのは楽しめないかもしれませんが、シーはゆっくりと景色を眺めながら散歩をして、小腹が空いたらちょっと何かを摘むなんてのも楽しいですよ♪



さて、あんまりディズニーの話題ばっかり上げているのも何なので・・・



STARKA





スタルカ。
別名オールドウォッカ。
ロシア産の皇帝の酒と呼ばれるウォッカであります。
アルメニアブランデーをブレンドし、樽で三年以上熟成されたのだとか。
マイナス20度で頂くのが美味しいとの事ですが、今回はあえて常温で。


~香~
ブランデーの香りですね。
ちょっと思い出せませんが、ラムでも遠くない香りが有ったような感覚が有ります。


~色~
ウィスキー色。
ジョニ赤と同等くらいでしょうか。


~味~
・・・独特の風味を持ち、それでいて口当たりは悪くない。
苦いようで苦くなく、甘いようで甘くない。
風味が優しく、味自体に少しだけ苦味が有るのでそう感じる様子です。


う~ん、しかし落ち着いていて非常に宜しい。
ウォッカを頂いている・・・っという意識はあまり有りませんね。
ラムやスカッチを頂いているような気分。
是非ともウォッカファン以外にも呑んでいただきたい御酒なのですが・・・現在輸入している商社が無く、酒屋さんの在庫またはBAR等の在庫分しかないようです。
今年から輸入を再開すると言うことを小耳に挟みました。しかし、若干甘めになるのだとか。
そちらも早く頂いてみたいものですねぇ♪
何処かで見つけたら、一度召し上がられてみるのも一興ですよ。




今回のボトルは、写真の通りレッテルの痛みが激しいものです。
中身が劣化している恐れもありますので、小生のレヴューは当てにならない恐れも有りますので御了承くださいm(_ _)m

拍手[1回]

PERFECT VODKA

急に冷えましたなぁ。
地域によっては大雪の様子でありますな。


小生住み居ましたる静岡県は、温暖な気候とされている為、富士や御殿場といった地域を除くとあまり雪が積もりません・・・と言うよりは殆んど降りません。
本日もこれだけ冷えて、予報でも雪となっておりましたが・・・降りませんなぁ。
ちょっと惜しい気もしますが、多くの県民が雪慣れしておらず、備えも無いので大変なことになってしまいますけれどもね(汗


さて、やはり寒いときに頂く御酒といえば、ヴォドカでありましょう。
凍てつくロシアを温める液体。
他の御酒に見られないほどのクリアな液体・・・。
本日は・・・



PERFECT VODKA








パーフェクトウォッカ。
ロシアの話をしておきながら、此方はドイツのウォッカであります。
どの辺りがパーフェクトなのかよく分かりませんが、原料の小麦は厳選された物なのだとか。



~香~
ウォッカならではのアルコールのツンとした香り。
しかし、何処かまろやかさがありますね。


~色~
限りなくクリア。
非常に美しいです。


~味~
気になるお味は・・・ほぉ、中々変った味。
まろやかな口当たり、スッキリとした喉越し、少しの苦味とふんわりと甘いような
後味。
ストリチナヤの様にクリアなのに、味が複雑ですね。
後味がアッサリなくなるので非常に呑みやすいことは確かです。


キリっとスッキリしたラッシャンウォッカに飽きたら、このパーフェクトウォッカを選ぶのも悪くなさそうです。



~本日のボトル~
オルデスローエ パーフェクトウォッカ 700ml 40度 【ドイツ産厳選小麦を原料】

拍手[0回]

CZARDASZ

さて、本日は何を頂きましょうか?


っと思いまして、貴重なる・・・



PUSSER’S RUM





パッサーズ ラムを開けようかと考えましたが・・・鉛の封を取ってみるとコルクが乾いていらっしゃるので、また明日以降に(汗



そうすると何を頂きましょうかねぇ?
何を頂きましょうかって・・・増えたので色々有るのですが(大汗



CZARDASZ





チャルダーシュ。
ポーランド産の唐辛子ウォッカであります。
裏面には「パプリカ(赤唐辛子)で味付けした、辛口ポーランドウォッカ。ストレート又は、肉料理とともにお飲み下さい。」っとされております。
パプリカと言うものを、赤ピーマンか何かだと思っておりましたが、~唐辛子の辛味を除いた、肉厚の甘い品種。甘味唐辛子とも呼ばれる。~だそうです(汗
参考ウィキペディア
まぁ、赤ピーマンでも満更ハズレでは無さそうです。


~色~
赤ですね。
グレナディンシロップを少し薄めたような色ですね。


~香~
何か甘い香り・・・?
うん、香り自体は甘いです。


~味~
ちょっと恐いですが・・・む、辛いと言うよりは苦い・・・。
でも唇は、辛いものを食べたようなピリピリとした感覚があります。
呑む量を増やすと、舌や喉もピリッと来ますねぇ。
呑んでいき苦味に慣れると、唐辛子のような味と言うことに気が付きます。
風味が唐辛子に近い赤ピーマン・・・そんな雰囲気。


ちょっと変った御酒を、ガツンとやりたい時には面白い選択かもしれません。



拍手[0回]

LIMONNAYA

空気が澄んでいますな。
先ほど夜空を見上げると、沢山の星を見ることが出来ました。
夏の夜空も宜しいですが、秋の夜空も良いものです。


2度も更新・・・っというような気もしますが、前回の更新は、午前中までで殆んど書き終えていたものであります。


今回の更新は・・・かって来たボトルのうちの一つを開けたので・・・(苦笑


LIMONNAYA






読み方は・・・
レモンナヤ、レモナーヤ、リモナヤ、レモナヤ・・・っと定まっていない様子。
あまり出回っていないのでありましょうかね?


その名の通りに、レモンを漬け込んだ(と思われる)フレーバードウォッカ。
味がついておりますが、エキス分を含まない為、リキュール類ではなくスピリッツ類。


~色~
透き通ったレモン色をしています。
普通のレモン色よりも、少し緑に近いですかねぇ。綺麗な色です。


~香~
ウォッカのアルコール分の匂いの中に、薄らとレモンの香と、甘味が・・・。
うん、悪くない。


~味~
ストリチナヤよりも、少しクセのあるウォッカの中にレモンのスッキリとした風味と、少し甘い風味が鼻を抜けていく・・・っと言った所です。
他のウォッカが味気無さ過ぎる・・・なんて方は宜しいかもしれません。


度数40度でありますが、そこまでは感じさせませんねぇ。
ロックで頂けば、もう少し苦味が引くかもしれませんが、常温のストロワヤよりも少し苦く感じますねぇ。
少々変り種ウォッカでありますな。悪くない♪



フレーバードウォッカ、下手な酒を呑むよりも安くて美味いのでお勧めいたします。


~本日のボトル~





リモナヤ(レモン・ウォッカ) 500ml

拍手[1回]

良い酒

この下2つも本日分の更新であります。
それ故、筆者であり間する小生からいたしますと、お目を通して頂ければ、恐悦至極で御座いますm(_ _)m


さて、良い酒っといいますとどんなものでありましょうかね?


1つに古酒というものがありますな。


ワイン、ウィスキー、ブランデー、ラムだなんて物は年数が経てば経つほどヴィンテージなるものがつき、値段が上がっていきますな。
バカみたいに空けてしまう人は気が付かないかも分かりませんが、味が非常にまろやかになり、優しさと奥の深い強さを持ち合わせた酒になると考えております。
あんまり、ジンだとかウォッカだのの古酒というものは聞いたことが御座いません^^;


逆に、新酒だなんて者も高かったりしますな。
これは特に、日本酒の一番絞りや、新米で作られた酒だなんてのがそうかと考えております。


値段が高ければ、まぁ良いんでありますが・・・そうでなくとも輝くものかて存在します。




STOLICHNAYA



ストリチナヤ ウォッカ 正規 500ml 40度(Stolichnaya Vodka)


ソヴィエt・・・じゃなくてロシア産のVodkaでありますな。
何度か当LEMON HARTでも紹介している気もします。


500mlで600円そこそこの酒でありますが・・・何処が良いのかと?


Vodkaかて、もっと高級なものはあります。
しかし、比較的に一般的なこのVodkaがどうしたわけか、本日は非常に美味かったのであります。


そもそも、世界の美食家が『キャヴィアに一番合う酒』と言うくらいなのでありますから、美味いんでありますが(笑


本日は、ウチの親父さんと下らん話をしながら、ティーチャーズ→アマーロ・ラマゾッティー→ストリチナヤと頂いたのでありますが・・・うん非常に美味かったですね。


ロックで頂いたのですが、結局の所3杯ほど呑みました^^;
混じりけや不純物を感じさせない、クリアで神秘的な味わいが好きですね。
「無」っと言うものを感じさせます。
しかし、何も無いわけではなく、清楚だがキチンとアピール出切る・・・っと言ったイメージですね。


混沌とした世の中、クリアな物を呑むのもそれはそれで一興でありますよ(苦笑

拍手[0回]

SKORPPIO

御酒にいたしましても、Cigarにいたしましても沢山有ると幸せな心持になれますな。
小生、買うでもなく酒屋を見るのが好きであります。買うでも無いわりに、出てくるときに袋を持っている可能性が大なのでありますが(苦笑


まぁ、そんなこんなで、最近新しいボトルが3本ほど増えましたな。
う~ん、まだ此方で紹介させて頂いていないものがあるのでありますが・・・致し方ありませんな(ぇ
ちなみに、Cigarも初期購入分を含めて、まだ紹介していないものがあります^^;
追々更新していきますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m



本日は一風変った御酒を御紹介。
変った酒と言うのは世の中有る物でして、ヨーグルトの酒 卵の酒 パイナップルの実が丸ごと入った酒 ・・・
等々色々な酒が有る物であります。
強いて言えば、高麗人参酒 なんてのも変った部類であります。


この酒も、まぁ変っておりますな。
SKORPPIO





スコルピオ。
イギリス産のウォッカであります。
何処が変ってるんだ?と言いますと、写真等で分かり難いかもしれませんが・・・
食用のサソリが一匹入っております^^;
ちなみに、飲んでしまった後は食べれるんだとか。その際は足を取ってからだそうです。
何で酒にサソリを入れようと考えたかはよく分かりませんが、とにかく呑んでみましょうか。


余談ですが、基本的に飲み物を美味しく頂く時は、冷えている方が美味しいんだそうです。
都会のカルキ臭い水でも、氷を入れてキンキンに冷やして呑めば美味しく感じるんだそうです。
そのことを踏まえて、初めて頂く御酒を、常温で飲むことが多いです。
物事はキチンとした目で見なければいけませんな。
っと言いましても、スピリッツを取り扱っている店なんかでは、初めから冷蔵庫ないし冷凍庫に保管されていることが多いのですがね。


話をスコルピオに戻しまして・・・
見た目はウォッカなので無色透明。
香りは、かなりマイルドで優しい感じですね。アルコールのツンとした香りが低いです。
お味は・・・スッキリとしたウォッカ・・・ん?何か違う。
何か独特の風味がありますねぇ。何だろう?何か食べたことがある味なんですが・・・。
エビの尻尾の風味が近い気もしますが・・・う~ん、コレじゃない気がする。
後味は若干甘い味がしますねぇ。


独特の風味が気になり、ついつい呑み過ぎる酒でありますな^^;
スピリッツに、物が入っている酒と言うのは滅多にありません。
貴方もスコルピオのスピリッツ(魂)を自分のものにしてしまってはどうでしょう?(笑

拍手[0回]

悪酔いしない酒

悪酔い ・・・そんなものが無ければ、この世の中御酒を召し上がる方が増えるかと考えます。


普段から晩酌をなさる方でありましても、ツイ呑みすぎたり、いつもと同じ量しか頂かなくても体長により悪酔いなさるだなんて事も御座いますな。


そんな中、酒のアルコール分の中から、悪酔い成分を除去した酒があるんですとか。


コチラ


(SKY Vodka)【特売中】スカイ ウォッカ 750ml 40度(正規)


スカイヴォトカ、アメリカのヴォトカでありますね。
美しい青は、カリフォルニアの青い空のイメージなんだとか。


ヴォトカのろ過過程の中で、なんとアルコールの中の悪酔い成分を取り除いてしまったのだとか。
う~む、そんなことしたら歯止めが利かなくなるではないか(汗


まぁ、何処まで取り除かれてるかイマイチわからんので過信は禁物ですな(笑い


この綺麗な青いボトルを開けると、強いアルコール臭ですね。
これは・・・病院の消毒だ・・・。


ぐいっとな・・・ウン消毒・・・^^;
何だか、消毒のようなもんになってますが、何だか不味くはないです・・・ってか美味しい?
ふぅむ、味が強くてキレがいい酒ですね^^
ちょっと、手元に氷が無いのが残念ですが、この酒はロックで呑むのが旨そうです。

拍手[0回]

フリーエリア
紹介
HN:
bittar
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
洋酒・シガー・Disney
自己紹介:
洋酒とシガーそれにDisneyを愛するキザ野郎…その正体は何処にでも居る普通の男。
これら以外にも紅茶やJazz、大航海時代オンライン等も好みます。音楽ジャンルはJazz以外に幅広い洋楽や邦楽、イージーリスニングなど幅広い音楽を好む。
多趣味な人間です。クールを装いたがりますが、ネタに生きてみたりもします・・・(どっちなんだ・・・?
前略プロフ
フリーエリア
お酒に合うかもしれない物
健康
呑みすぎ、運動不足はメタボリック症候群の基ですよ!
フリーエリア
リンクバナー
使っていただけたら
光栄です(重いかも)

バナー

静止画1
バナー静止1

静止画2
バナー静止2
訪問数
Google
 
ブログ内検索
Friends Link
小生の友人or許可リンク集

Rの記述
R氏の綴るお茶目な
不定期更新テキストサイト
追伸:更新頑張りましょう



坊の独り言

A坊さんの書き綴る
エッセイ系日記ブログ
追伸:体を大切に!


com_ti001.gif
LoveLoveRum
よーこさんの書き綴る酒HP。
色々お世話になります^^;
今頃何処にいるやら
gooあしあと
御意見
[07/27 BymmedeInetly]
[05/14 backlink service]
[12/28 ランディル]
[10/24 bittar]
[10/23 Rの人]
広告


壮大なストーリーと派手なアクションでRPGの新たな道を開く一本!ハードな展開に気の利いたジョーク、シリアスな展開にやりこみ要素満載のEOEをやらない理由は無い!


ヌルゲーマー、ガキはお断り!
戦友よ本物の戦場にようこそ。ここでは派手なアクションや演出は見られない。理不尽な死もある。その中で小隊を指揮し、広大なスキラ島を戦い抜くハードなFPS。


ハードボイルドな男のミステリーを書くスティーヴン・ハンター。氏の小説は、男臭く、マニアックで、ハード。
まさに男の読み物。バーボンを片手に読むのに打って付け。
BARBOUR
アクセス解析
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メールフォーム
バーコード
フリーエリア


密林

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]