忍者ブログ

LEMON HART

Liquor & Cigar 洋酒と葉巻…時代に流されない気取り屋でいるのも悪くない

<< | 2017/09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

広告

Disneyモバイルに乗り換えよう

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クリスマスと御酒その2

澄んだ空気に燦々と降り注ぐ太陽、今日は非常に良い陽気でありました。
小春日和も今日限りでまた明日は雨になるんだとか。
明日はさらに冷え込みも厳しくなるようなので、寝具の衣替えがお済みで無い方は御注意を。


本日も図書館へ行ってきたわけでありますが、普段読む本とは違った本を読んでおりました。
普段読む本と言うのは・・・

・ 男の服装 お洒落の基本
・  Disney A to Z/The Official Encyclopedia オフィシャル百科事典
・  なるにはシリーズ

辺りを読んでいることが多いですかね。
男の服装~お洒落の基本~と言う本はちょっとタイトルが恥ずかしいですが、フォーマルな格好をすべき時に恥を書かないために必要な知識が詰まっております。

特に小生の様な普段からスーツを気無い人間にとっては目を通しておいて損は無いものです。
Disney A to Z はディズニー公式の百科事典で、ディズニーに関する殆んどの事が乗っており、ペラペラめくっているだけでも目からうろこが落ちるような凄い本、ディズニー好きなら目を通さない理由は有りません(笑

なるにはシリーズとは、○○(職業)になるためにはどうしたら良いか?と言う本で、その職業がどんな職業で、どんな仕事をして、どんな人が働いていて、心構えはこうで、実際なるには・・・と言う本でシリーズ化していて既に100を裕に越えて居ります。
職業ごとに作者が違い纏め方も違うのですが、数多くの実際にその職業の人の話というものが盛り込まれており中々有意義な本。目指してみたい職がある方、気になる職がある方の他に、職って何だろう?何をしたいんだろう?と言う方にもお勧めです。タイトルを見ているだけでも考え方が変わってくるかもしれません。


ちょいと横道に逸れすぎました、失礼。
して、本日読んできた本と言うのが、



此方の本、昨日にシャンパンの勉強をすると言った時に読んだものであります。
いや、それにしてもワインの世界と言うのは実に奥が深い(汗
シャンパンを勉強するのに何故ワインの本かと言いますと、シャンパンとはスパークリングワインの内の一つなのであります。
そのため図書館にあったワインの本の中で一番詳しく書いて有るものを手にしたわけであります。それがこの本。
ワインだけの本なのですが、銘酒事典と同じぐらいの厚みがある大変容量のある本でした。


さて、ここからがちょっとシャンパンなお話し。
長くなりそうなので、ページを分けますので興味をお持ちの方はお手数ですが「つづきはこちら」へお願い致します。


拍手[0回]

PR

存在意義

・・・え、え~とですね、理由を話せば長くなります(汗


何故なら、理由が特に無く、出来合いの理由を並べるだけなら幾らでも出来るからです(ぁ


ま、まぁ気分転換にフラフラしてたと思ってくださいまし^^;



恐らく、書いていない間に5本以上10本未満くらいの間でボトルが増えた・・・と思います(曖昧
一応、左側のサイドバーには増やしておきました。



さて、タイトルの『存在意義』。
本日はちょっと、当『LEMON HART』についての内容を。


最近のジャーナリストさん、特に少しお年を召された方、団塊の世代といわれる方々位でしょうかね?
そんな方々が、「最近の若者は酒を呑まない」何て事を言ったりします。
確かにそのようですね。
若者である小生から見ても・・・いや、ホントに若者なんですってば(汗
兎に角、呑まない人が多い。
それもそのはず、御酒=悪と言う図式が成り立っている・・・と行かなくともそれに近いものがあるからと考えます。


どう悪なのか?
様々な理由があるでしょう。
健康、トラブル、飲酒運転、ヨッパライ・・・etc
健康に悪いもの、リスクを伴うものに対して態々手を出すということをしないようですね。
それに、酔っ払ってフラフラしてたり、その辺で寝てしまうのも見っとも無い。
第一美味しくないと感じる様です。


ではどうするか?
・・・っと無理に勧めるもんじゃ有りませんね(汗
色んな意味、無理に呑め呑めと勧めたって嫌がるばかりで、嫌なイメージしか付きません。



そこで、話が大分ずれておりましたがLEMON HARTの存在意義です。
意義って事の物は無いですな^^;理由とか理念とかその程度で。


世の中には星の数ほどの御酒・ボトルが存在します。
その中には、多くの人が美味しく感じるもの、通にしか分からないもの、名前だけが一人歩きしているもの、マズいがコアなユーザーに人気の有る者・・・っと多種多様です。
しかし、初めての御酒というものは中々口を付け難いです。
御酒自身が始めてというのならばなおさらです。


小生も新しいボトルを買う前に、参考書やネットで調べることがあります。
それをもっと纏まった形で、レビューを纏め、参考にしてもらえたらと言うのがコンセプトです。
無論専門家でもない小生がやってることですので、参考にもならないかもしれませんが、こんなこともあるだ程度で認識してくれたら幸いです。


世の中には酒しかない訳ではないが、酒というものも有るのだと言う事を知ってもらいたい・・・それがLEMON HART。


Coolで、スタイリッシュに、そして・・・美味しくがモットーです。

拍手[0回]

簡単更新

少しばかり鬱々して居りまして、更新が滞っておりましたが・・・明日からは書けそうです♪



とりあえず、こんな物をUP







だんだん写真で詳細が分からなくなってきましたね・・・(汗

拍手[0回]

酒屋

体調を崩し、その間LEMON HART更新とお酒を断っておりました(汗


まぁ、mixiは書いていたので、そちらを御覧になった方は御存知かと思いますが^^;



今日は御酒そのものではなく取り扱う酒屋さんのお話。


県内各所の酒屋さんを巡っております。
と言いましても、商店街の明らかに日本酒!っと言った感じの酒屋さんはちょっと入りずらいので外しておりますが、それでも多くの店に足を運んでおりますので、ちょっとご紹介。



『uマート』静岡市清水区

隣に有るスーパーと同じ名前でありますので、スーパーの酒コーナーの大きいものと認識。
但し、以外や以外とあまり見かけないボトルがありましたねぇ。
県内で電気ブランが置いてある数少ない酒屋さんのうちの一つかと。
あとは、得体の知れないジン(名前失念)がありましたなぁ・・・何だかボトルがぐにゃりと折れたようになっているもの。
何となく興味を引かれたものは5本程でしょうか?
何故かジンジャエールの取り扱い数が多かったですが(笑
全体的に見て、割とものめずらしいものがあるかと思いました。

http://www.u-mart.co.jp/liquor/index.htm



『エスポアモチヅキ(モチヅキ酒店)』
清水から車で5分ほどの場所。
外から見た感じよりも広い店内・・・っと言っても街中の酒屋さんなので広くは無いです。
ワインの品揃えはかなりの物ではないかと・・・思います(汗
いや、そこまでワインに興味が無いものですから・・・。
スピリッツやウィスキーは少なめでしたが、コニャック&ウィスキーはちょっとそこら辺では見かけないものが・・・。ってあまり言うと小生が手を出す前に売れてしまいますかね?^^;



http://www3.tokai.or.jp/wine-mochizuki/



『LIQUOR LAND マツナガ』
此方は清水区。
ハイネケンの缶の形をした看板が目印。
そんなに広くない店舗で、埃を被っているボトルもチラホラ・・・。
しかし、ウォッカを良く見てみると、ストリチナヤ系の古いボトルが幾つか。ハンターウォッカ、レモナーヤと共に2本の見慣れないボトル。
片方は唐辛子の絵がレッテルに書いてありましたねぇ、もう片方はスタルカ?スタリカ?そんな名前のブランデー色の酒。
どちらも気になりましたが、レッテルを見る限りちょっと古そうだったので、躊躇してしまいました・・・。価格帯も若干高い気もしたので(汗
他にもハイネケンの灰皿や、ウィスキーの古いボトルが見受けられました。
そう言いながら、STARKAとMOSKOVSKAYAが自宅に有るのは何故かしら・・・。

http://www.at-s.com/bin/yell/yell0020.asp?id=C374551812



『酒ナラ・ココ 瀬名店』
チェーン店風の店舗。ディスカウント店によくある倉庫風の建屋。
当たり障り無い品揃え。
興味があったものは、ヴァイオリンの抽象的な形をしたボトルのアプリコットブランデー位でしたが・・・。
著しく気になるものが・・・。

3.75リットル入りのジョニーウォーカー黒ラベル(滝汗
センチリットルでなければ、ミリリットルでもありません。
ジョニ黒のボトルをそのまま巨大化したボトルに、並々3.75リットル入っておりました・・・どうやって注ぐんだ^^;
価格は税抜き5万程でしたが・・・売れるんですかね?ちょっと欲しいいんですけど・・・(ぇ

http://www.at-s.com/bin/yell/yell0020.asp?id=A240706374




っと上記の分はmixiにupした分であります(汗



『良質酒専門店 リバティ』
JR草薙駅から東へ300メートルほどの所に有る、少しお洒落で可愛らしい外観のお店。
店舗の広さはまぁまぁといった所で、照明は少し暗目かもしれません。
しかし、置いてあるボトルの量が非常に豊富。
ウィスキー、ブランデー、グラッパ、スピリッツ、ワイン、リキュール、焼酎については素晴らしい品揃え。
それ以外にも、グラス、ハム、チーズなども品質良く酒に合うものが揃っております。特に、ビールのグラスは、メーカーのロゴの入った珍しいものを多数揃えておりましたねぇ。
また、各種ミニボトルも多く取り扱っておりました。
此方では、エルドラド12・15年、ウニクム、シャルトリューズ エリクシルを購入致しました。



『ワンスリー』
富士市内、県道396号線沿いにあります酒屋さん。びっくりドンキーの斜め前辺りになりますかね。
此方はどちらかと言うとディスカウントショップのような広めの店内です。
そのため、ケース売りのビールなどは安いと定評が有る模様。
それ以外にも、ウィスキー、ブランデー、スピリッツ、リキュールの扱いも多く、ワインも温度湿度が管理された中で、販売されております。
ディスカウントショップと言うとたいしたものが無さそうですが、スピリッツ類は他店で見かけないもの、ウィスキー、ブランデーにしてもかなりの量がありましたねぇ。
此方では、ガリアーノ、ブラックシール、オホートチニヤ、パーフェクトウォッカ、等を購入しております。

http://maps.google.co.jp/maps?f=l&hl=ja&geocode=&time=&date=&ttype=&q=%E9%85%92%E5%BA%97&near=&sll=35.157536,138.643532&sspn=0.001482,0.002637&ie=UTF8&ll=35.157655,138.643655&spn=0.001482,0.002637&z=19&iwloc=B&om=1

※地図



『リカーショップ カメヤ』
此方は登呂遺跡から遠くないところですね。住宅地の中にあります。
パッと見は、まぁ古くからある酒屋さんの形。
しかし、此方はワインに力を入れているようでして、店の向かって左側は殆んどワイン。そして地下にワインセラーを設けると言う腰の入れ様。まぁ、ワインにそこまで興味が無いので・・・(汗
ワイン以外の洋酒もそれなりの取り揃え。
街中の酒屋さんということで、思いもよらないようなボトルが残っているような所。
現在ちょっと調べております「BRITISH NAVY PUSSER'S RUM」と言う化粧箱の少し傷んだRUMも此方で購入したもの。
他にも、クリスタルウォッカ、旧ボトルのフィンランディアがありましたねぇ。
ウィスキー・ブランデーも色々とあったのかもしれません。

http://www.at-s.com/bin/yell/yell0020.asp?id=F787731940



『銘酒舘コスギ』
此方は静岡市街地にあります。本通を御幸通りから折れまして車で数分。
目立った店舗ではありませんが、そこに有る酒屋さん『銘酒館コスギ』
店内は広いとは言えませんが、所狭しとボトルが並んでおります。
洋酒、中でも各種ウィスキーのボトルが多く並んでおりますが、Rumの取扱も中々多くありました。 スピリッツ類はRUMとテキーラが多かったですね。
中でも、ロン・サカパ・センテナリオXOはちょっと見かけない品の一つかと・・・。
RUM、ウィスキーに拘りのある方でしたら興味を惹かれる店と存じます。


http://superiorbrand-library.com/



こんな所でしょうかねぇ。
他にも、「にしきや」さんとか「酒の庫あんどう」さん辺りにもお世話になります。
地元ですと、最寄の「ドリーム御前崎店」、「酒の古田屋」さん辺りはよく出かけます。
この辺りも色々と書きたいなぁ。

拍手[0回]

疲れかしら?

今年のインフルエンザは早く来るようですなぁ。
ちょっと前に学級閉鎖の学校がチラホラ、今朝になって小生の上司もインフルエンザでダウン。
手洗いうがいと小学生みたいな話ですが、キチンとやら無いといけませんな。


上手く御酒と付き合うことが出来れば、風邪などひかずに済むのかしらと考えて見たり・・・(笑


一先ず、杏露酒で喉を潤し、イエーガーマイスターで調子を整えまして・・・何を頂きましょうかね?


・・・っと書いてぐっすり寝てしまいました(汗
今日こそは・・・なんか呑もう^^;

拍手[0回]

焼酎

本日は・・・飛行船を見ました♪





丁度小生の真上を、高度低めに飛んで行きましたねぇ。
真下から良いアングルで撮れそうだったのですが、流石に人がいたのでやめました(笑


ちなみに、日本飛行船と言う会社のツェッペリンNTと言う飛行船なのだとか。
「NAC」と言う文字がハッキリ見えたので間違いないかと。
ゆったりしていて良いですねぇ。
豪華客船での船旅も憧れますが、飛行船での船旅も悪く無いでしょうなぁ。


~広告~




っと、終わってしまいそうな勢いでしたが、本題へ・・・。


チャミスル fresh






韓国のお酒。
焼酎です、作り手は眞露。
先日注文した分が着たのでそのレヴュー。

ハッキリ言って焼酎はあまり好きでは有りません。
スピリッツに入りそうで入らない中途半端さと、週と半端な度数・・・。
それでいて、芋や酢橘などの味の有る物は良いとしても、麦やなんかから作られるものは何が何だか・・・。
それならVodkaを呑め!っと言いたくなります。


まぁ、そういう意識でちょっと頂いてみることに・・・。


~香~
アルコールの香り・・・ウォッカの様ですねぇ。
それよりも少し甘いでしょうか。


~色~
限りなくクリア。


~味~
たかが焼酎・・・むっ、スッと体に入る・・・。
薄らと甘味があり、非常にクリアな味わい。
焼酎というよりはウォッカに近いかもしれません。
クセが全く無く、これなら女性でも召し上がれそうです。


焼酎であります故、強いキックは味わえません(19.5度)が食前・食中等何か食べながらだと止まらなくなりそうです(汗


このチャミスルフレッシュは現在韓国で爆発的な人気なんだとか。
まぁ、韓国人が言うんだからそうなんだろうと思いますが^^;
ちなみに、韓国用のボトルと輸出用のボトルがあるそうで、韓国用のボトルのほうが美味いのだとか(小生は韓国用ボトル)。


この酒は、焼酎、ウォッカ、その他スピリッツが好きな方にイチオシです!
水割り・ロック・・・トンデモナイ!
冷やしてストレートで頂くのが一番美味い・・・っと言うか割ったら勿体無いい味です。


~本日のボトル~
チャミスルFRESH(360ml)


小生宅で購入したのは此方
チャミスルfreshケース(20本入り)[竹露]

拍手[0回]

喉に効く・・・

左側のプラグインに、ヘンなものが見えますが・・・まぁ、気にしなくても良いです(笑


さて、いよいよ寒くなってまいりましたなぁ。
今年は、例年よりも早めにインフルエンザが流行っているようなので、気をつけたいですなぁ。
小生も、風邪かどうか知りませんが喉の調子が悪い・・・


そんなときは・・・


杏露酒





杏のお酒です。
中国酒に見えますが・・・和製中国酒と言うジャンルのようです。


この杏露酒は、ホントかウソか知りませんが喉によいのだとか。
確かに、度数が低く、甘いので呑みやすく、また喉が潤う感じが致します。


ふ~む、ちょっとスッキリした所で何を頂くか・・・


PORFIDIO RUM





ポルフィディオ ラム。
メキシコのテキーラの名門メーカーのラム。
以前に紹介しているので、詳しいことは書きません。
只、ガラス細工の入ったボトルに誘われただけです(笑


う~む、ヘヴィなホワイトラムであります。
うん、キックが強いと思ったら45度でした。本日は40度以下にしようとしていたのに・・・RUMだから良いかと思ったのが誤算でした(汗



コレでよしとするつもりでしたが・・・
体の事を考えてもう一杯・・・(ぇ


AMARO RAMAZZOTTI





アマーロ ラマゾッティ。
イタリアの薬草酒。LEMON HARTではお馴染みのお酒かもしれませんねぇ。
って、それは小生だけかもしれませんが(汗
どうした訳だか、イタリアのお酒ってそんなに強くないのです。
この、アマーロラマゾッティも30度と中途半端な度数・・・。
ちなみに、ガリアーノも30度ですねぇ。
この地域の特徴なんでしょうかね?


まぁ、トマトにヘタレ成分が入っているとウワサも有るので、なんとも(笑



~本日のボトル~

永昌源 杏露酒 500ml


【大特価】 世界で最高のラムポルフィディオ シルバー ラム 手づくりボトル 750ml 45度(P...



ラマゾッティ アマーロ 700ml 30度(Ramazzotti Amaro Felsina Ramazzotti)




拍手[0回]

チャミスルfresh

取り急ぎ御紹介。


1月ほど前でしょうか?
親父さんが韓国へ出張してきた時に、真露を呑んできたのですが・・・
それが非常に美味かったとかで、探させられました(汗

コレ↓




チャミスルfreshケース(20本入り)[竹露]


向こうさんでは、真露をチャミスルと呼ぶんだとか。
真露を呑みやすくしたのが此方のフレッシュ。


う~む、呑んでみたらまたレビューするかなぁ。

拍手[0回]

何なんですか!!


この寒さ!(切実


別に声を大にして言うことでは有りませんね^^;



それにしても寒いです。
こんな時期から寒がっていたら、真冬の時期はどうするのか?なんてよく人に言われたりしますが、これらで乗り切りますかなぁ。



syounin.JPGninjin.JPGkotya.JPG




え~っと、左から・・・


ニンニク+生姜+干し椎茸のラム漬


高麗人参のウォッカ漬


手製紅茶リキュール


っとなっております。
ニンニク漬に使用したラムは、LEMON HART WHITE であります。
高麗人参は以前にも紹介いたしましたが、STOLICHNAYA Vodka。
手製紅茶リキュールは、STOLOVAYA Vodka2/3程度にLEMON HART WHITEを足し前したもので、市販のものよりも強くなっております。


美味しい不味いは出来てからのお楽しみでありますが、作るのも出来るのを待つのも非常に楽しいものです。
特に漬ける時意外は時間も掛かりませんしねぇ♪




話は変りまして、お花の話です。
まぁ、何で急にフラワーかと申しますと、おふくろさんの誕生日であるからですねぇ。
御機嫌取り 日頃お世話になっているので、鉢植えでも送ろうかと・・・


これ


【春まで楽しめる寄せ植え】カントリーガーデン


シクラメンが入っているので春まで楽しめるのですねぇ。
秋から冬に掛けては、花が寂しくなる季節なのでこの辺りが宜しいのかと考えました。
※注:bittarさんは花の知識はあまり有りません(汗




街に人に花物語~FlowerMarket花由

街に人に花物語~FlowerMarket花由
此方のお店さんで買うことに致しましたが、創業38年であるお花屋さんなんだとか。
お店も女の子も可愛くて宜しい♪(マテ


贈り物に花を贈る、そんなことも楽しいかもしれませんな♪

拍手[0回]

CINZANO DRY

やりたいことが多すぎると、何をしようか考えてしまって時間が無くなったり、何故か全てやりたくなくなったり・・・どうしたわけか人間の頭とは不便なものですねぇ^^;
小生の脳は他の人よりもその傾向が強いのかもわかりません。
まぁ、考えてるだけ損と言えば損で、そのことは重々承知しているのですけどねぇ・・・ど~も^^;




まぁ、そんなことを言っていてもどうしようもないので呑みましょうか(苦笑


昨日が『TIO PEPE』でありましたので、本日も近いジャンルのものを行ってみましょうか。



CINZANO DRY



チンザノ ドライ


イタリアのトリノに有りますチンザノ社のヴェルモット。
このチンザノ社は世界に関連会社を20社ほどもつ大会社なんだとか。


小生も勉強不足でよく分からないのでありますが、このCINZANO DRYでありますが・・・
2種類あるみたいです。

上記のほかに

CINZANO EXTRA DRY


チンザノ エクストラ ドライ


エクストラってつくから凄いんでしょうかねぇ?
値段帯は特に変らない様子なのですがねぇ。


またこれは手に入ったら調べると言うことで・・・^^;



さて、ヴェルモット自体はワリと耳にした事があるかと考えます。
特にドライヴェルモットはカクテルの王様と言われる『マティーニ』を始め多くのカクテルに入るのです。
ヴェルモット自体は、白ワインをベースに、ニガヨモギやらアンジェリカやらと言ったような香草・薬草を漬け込み、さらにスピリッツを足し前するのだとか。


ヴェルモットは甘口のロッソまたはスウィートと辛口のドライ、そしてその中間になるビアンコといったものを各メーカ出してる様子ですね。
ちなみに、アルコール度数はロッソ・ビアンコが14~16度、ドライが18度っとどのメーカーもこのぐらいです。
このくらいであれば、そんなに強くないので食前酒としても美味しくいただけますね♪


さて、書いていてもいつまで経っても呑めないので・・・
キャップをキュッと(苦笑


~香り~

うっすらとワインの香りがしますが、それを押す香草の香り。
若干甘めですが、しつこく無い香りです。


~色~
白ワインの色。
透明なイエローですが、昨日のTIO PEPEよりも気持ち濃く感じますねぇ。


~味~
気になるお味は・・・おおお???
よく分からんのでもう一杯。
香草系の甘味のある味ですかね。
若干の酸味と、後に残る薬草の苦味があります。
普通のワインを頂くよりもすっきりしていますが、シェリーより後に残る感じですね。
クセ自体は強く無いので、気軽に呑める・・・っと言った感じです。



珍しく、二日続けてローアルコール(?)な酒をご紹介いたしましたので、次回はハードな物がよろしいですなぁ。

拍手[0回]

フリーエリア
紹介
HN:
bittar
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
洋酒・シガー・Disney
自己紹介:
洋酒とシガーそれにDisneyを愛するキザ野郎…その正体は何処にでも居る普通の男。
これら以外にも紅茶やJazz、大航海時代オンライン等も好みます。音楽ジャンルはJazz以外に幅広い洋楽や邦楽、イージーリスニングなど幅広い音楽を好む。
多趣味な人間です。クールを装いたがりますが、ネタに生きてみたりもします・・・(どっちなんだ・・・?
前略プロフ
フリーエリア
お酒に合うかもしれない物
健康
呑みすぎ、運動不足はメタボリック症候群の基ですよ!
フリーエリア
リンクバナー
使っていただけたら
光栄です(重いかも)

バナー

静止画1
バナー静止1

静止画2
バナー静止2
訪問数
Google
 
ブログ内検索
Friends Link
小生の友人or許可リンク集

Rの記述
R氏の綴るお茶目な
不定期更新テキストサイト
追伸:更新頑張りましょう



坊の独り言

A坊さんの書き綴る
エッセイ系日記ブログ
追伸:体を大切に!


com_ti001.gif
LoveLoveRum
よーこさんの書き綴る酒HP。
色々お世話になります^^;
今頃何処にいるやら
gooあしあと
御意見
[07/27 BymmedeInetly]
[05/14 backlink service]
[12/28 ランディル]
[10/24 bittar]
[10/23 Rの人]
広告


壮大なストーリーと派手なアクションでRPGの新たな道を開く一本!ハードな展開に気の利いたジョーク、シリアスな展開にやりこみ要素満載のEOEをやらない理由は無い!


ヌルゲーマー、ガキはお断り!
戦友よ本物の戦場にようこそ。ここでは派手なアクションや演出は見られない。理不尽な死もある。その中で小隊を指揮し、広大なスキラ島を戦い抜くハードなFPS。


ハードボイルドな男のミステリーを書くスティーヴン・ハンター。氏の小説は、男臭く、マニアックで、ハード。
まさに男の読み物。バーボンを片手に読むのに打って付け。
BARBOUR
アクセス解析
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム
バーコード
フリーエリア


密林

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]