忍者ブログ

LEMON HART

Liquor & Cigar 洋酒と葉巻…時代に流されない気取り屋でいるのも悪くない

<< | 2017/09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

広告

Disneyモバイルに乗り換えよう

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DEEP BLUE

Dolphin





一見置物にしか見えないですが、立派なボトル。
中身はオーク樽で寝かせたフレンチブランデー。


いきなりこんなものからですが・・・


映画を見ました。


DEEP BLUE


海、海洋生物をメインとしたドキュメンタリ映画。
詳しいことは良く知りませんが、海洋生物に多少の心得のある身とすると、気になっていた作品。
本日は、少々早めに帰ってきました故、見てみることと致しました。


オープニングはひたすら波。
そしてアルバトロス。自分で何言ってるのかよく分かりませんが・・・すごいです。

あんまり語るとネタバレになりますからあまり語りませんが、小さいものはプランクトンから、大きいものはシロナガスクジラまで。
浅い所は表層から、深い所は深海底まで。
陸から近い所は渚から、遠くなると外洋まで。
穏やかな静かな海から、嵐の凶暴な海まで・・・。

っと、海の様々な表情を捕らえ、そこに住む生き物の愛らしい姿や、凶暴な姿を捉えています。
個人的に興味を引かれたものを挙げますと、水族館で大水槽の底でやる気無く沈んでいる、ネムリブカという鮫がいるのですが、その鮫の夜間の活発な捕食を捉えており、非常に興味を持ちました。

良かった点として、高画質、高音質、落ち着きのあるBGM、少ないナレーション、対象生物との接写・・・等ですかね。
個人的に残念な点と致しますと・・・時間が短く感じる所でしょうか。
まぁ、それは単に水族館にずっといても飽きない体質のせいかも分かりませんが(笑


海が好き、海洋生物が好きと言う方にはオススメの作品です。
只、注意していただきたいのは、ナレーションによる解説が少ない為、知識を得ようとするには向かないかもしれません。
知識が有る程度あって見るか、知識を必要としない見方で見るか、その二つが干渉のポイントかもわかりません。


ゆっくりとした海の中を散歩気分で覗くのも悪く無い選択です。






~本日のボトル~
幸せを呼ぶお酒 ドルフィン デキャンタ 500ml 40度(Dolphin)

拍手[0回]

PR

極大射程

残念ながら・・・



ボトルが増えました(汗


っと言いましても、この時間からの更新なので、御酒を頂きながらと言うことにはいきませんのでまた後日。


3本も増えたんですがね(汗



いつでもネタに困らない、LEMON HARTクオリティー(何




さて、先日借りてきてHDDの中に放置していた映画をやっと見ました。
ザ・シューター/極大射程なる映画です。


こんなジャケット




しかし、どうした訳だか・・・




ウェズリー・スナイプス主演の、何だか題名がソックリさんの映画も出てきましたが、小生がご紹介するのは・・・


原作の小説です(ぉ

■■■■■■『極大射程』





現役を引退し、人里離れた山の中で暮らす元スナイパーを描く、ミステリ。
脅威の名スナイパーとして、ヴェトナム戦争を戦うが、負傷し彼の戦争は終わる。
現役を退き、山中で余生を過す男、「ボブ・リー・スワガー」の基に元大佐を名乗る人物からの依頼。
内容は、自社製の新型狙撃銃弾のテスト。


狙撃を知り抜いたボブはその銃弾に魅了され、射撃試験場へ・・・。
静かに暮らしていた男の運命が変る・・・。



本の中に入り込み、夢中で上巻を読み進めて行くと、下巻の存在って何だろう?っと考えてしまう瞬間がありますが、どんでん返しが・・・。
この小説の中には、幾つもの伏線が張り巡らされ、また大きな仕掛けも多いです。
ミステリや推理小説を読む気持ちで読むと、ちょっと失敗しそうですね^^;
素直な気持ち・・・っと言うか深く考えず、感情移入しながら読むと気持ちよく読めます。


登場人物が多いので、覚えるのが苦手な方には、大変かもしれませんが、個性あるキャラクタが多いのでワリと分かりやすいですねぇ。



幾つもの仕掛けや、伏線があるのも魅力ですが、それ以上にスナイプ(狙撃)する為の計算や考えと言うものが、事細かに書かれております。
マニアにはたまらないものですが、無論興味の無い人は読み飛ばしても差し支えは無い部分です。



映画版が原作よりもクオリティーが下がってしまうと言うのは仕方の無いことです。
しかし・・・変りすぎだろ(汗
そういう映画だと思って見れば、そこそこ楽しめるかもしれませんが・・・小説『極大射程』を読むことをお勧めいたします。

拍手[0回]

NAVY

誰しも完全に自分の生きたい様に生きるのは難しいこと。
しかし、自分を押し殺しているばかりではつまらない、もっと大きな料簡を持ち、心持を広く持とうではないか。


男たちの大和』をテレビ放映しておりましたな。
戦争やら兵器やらを知らなくとも、名前くらいは聞いたことのある『戦艦大和』。
正確には『軍艦大和』らしいのですが、『宇宙戦艦ヤマト』と被り、戦艦大和となるわけですな。
無論、ヤマトも大和を模して描かれております。


この映画、大和を中心に描かれており、大和の船員が苦労したように見えますが・・・この作戦時には大和を含め10隻の艦隊でありました。


戦艦     : 1  大和
軽巡     :  1 矢矧
駆逐艦 :  8 冬月 涼月 磯風 浜風 雪風 朝霜 初霜 霞



取り巻きが少し見劣りする艦隊ではありますが、アメさんを怯えさせていた大和を含む艦隊なので、水上戦であらばそこそこ働きを見せそうな戦力ですな。
アメさん側の司令官は、艦隊戦を望んだようですが、この艦隊の行方が定まらないとの事で、艦載機による航空攻撃と決めたのだとか。


さて、大和の働きについては、私よりも皆さんのほうが映画をキチンと見ていたと思うので割愛します。
背景としますと、一億玉砕と叫ばれる時代で、その手本を・・・とのことのようですねぇ。
連合艦隊の動けるものを全て出撃させ、片道燃料で沖縄へ行き、浜に乗り上げて固定砲台として砲撃し、弾薬が尽きるなら、乗員が陸戦隊として戦う・・・言葉じゃ簡単ですが、無謀・・・ではなく限りなく不可能に近いものだと考えます^^;


矢矧の後ろに大和が航行し、その周りを囲むように8隻の駆逐艦が航行する、輪陣形という形で沖縄へ向け航行していたのでありますね。
出向前に、駆逐艦に「菊の御紋」を付ける事が許可(巡洋艦以上には艦首に菊のご紋が付く)されましたが、雪風の館長は、「生きて帰るんだ」ということで、部下に御紋を付けるのを禁じたというエピソードが残っております。
事実、雪風は沈まずに・・・それどころか損傷軽微で同海戦を終了しております。


損害
大日本帝国連合艦隊


沈没 : 大和 矢矧 浜風 朝霜(機関トラブルにより別行動中に攻撃を受け沈没) 磯風(航行不能の為処分) 霞(航行不能の為処分)


大破 : 涼月(艦首を失うも、後退のみで佐世保に帰還)


帰還 : 冬月(中破) 雪風 初霜


帰還の3隻が他の乗員約1600名を救助し、佐世保へ帰還している。
救助作業の間、米艦載機が海上の生存者を撃ったとも、救助作業中は攻撃が無かったとも言われている。
余談ですが、海戦の場合、敵の艦船の乗組員であっても救助するというのが何処の国でも見受けられることで、何と言うか海の男の心の広さを感じられます(救助された人は、捕虜又は中立の港で下ろされます)。
まぁ、例外もありますし、それ以外(鮫・バラクーダ等の被害)もありますからねぇ。


生き残った艦の内の一つ『雪風』でありますが、この船は不思議な船であります。
超幸運艦とでも言いましょうか?
海戦から、終戦までドックで眠っていたわけではありません。
海戦をフィリピンで迎え、ミッドウェー海戦、ガダルカナル島の戦い、マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦と主要な海戦へほとんど参加し、どの海戦でも中心近くにいながらも、殆ど無傷で戦い抜いてきた艦。
この艦だけで、太平洋戦争の海戦全てを語ることは出来ませんが、かなりの充実した内容となります。
雪風の艦長なる人は一癖ある方ばかりですが、その中で一番有名な方の言葉に
「俺が艦長をする間は、絶対に沈まん。何故なら俺が艦長だからだ」
っと名言を残している。
部下が「何故沈まないのですか?」と問うと「俺が敵弾が当たらんと思っているからだ」との事。
事実、雪風に砲弾が直撃したことは無いようです^^;
艦長が交代しても、当たらなかった所を見ると、艦自身にもかなりの強運が付いていた模様。


しかし、雪風が殆ど無傷で周りの艦が、沈没無いし大破することが多かったので「死神」と嫌う人も居たそうな。
まぁ、考えようによったら死神で居れば死神に襲われはしませんな(笑
「男たちの大和」を見て、良いと感じたらこちらも読んでみて下さい。
雪風ハ沈マズ



海軍の酒といえば・・・

ラムス・ネイヴィー


英海軍は士官にジン、それ以外にラムの配給をしていました。
現在は行われていないようですが、英国海軍御用達の歴史を持つラムはそのことを能書きに書きます。
その中でも、一番自己主張が強いのがこれ。
何せ、海軍を名乗ってますからね(笑
しかし、御用達を名乗るだけあって旨い酒です。
高級酒という感じではないのですが、ラムらしい深い味わいがあり飲み飽きません♪

拍手[0回]

博士の異常な愛情

奇妙なタイトルですな、これは米国の映画のタイトルであります。


正確には『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのをやめ 水爆を愛するようになったか』

っと言う非常に長いタイトルであります。


粗筋は・・・
愛国心の強い米空軍の1将軍の越権行為により、ソ連領空付近を空中待機する核爆弾搭載のB-52爆撃機34機に攻撃命令が下ってしまう。
爆撃機は、攻撃命令を受けソ連の軍事施設へ向け、飛行する。
米国首脳部が、爆撃機を引き戻させようとしても、将軍のみが知る暗号以外は受け付けない。
当の将軍は基地を封鎖し、篭城をする。
米大統領が、ソ連書記長とホットラインにより事実を伝えた所、恐ろしい事実が・・・。
ソ連は、自国が攻撃を受けると自動的に爆発する最終兵器を開発しており、この最終兵器が起動すると、全世界に死の灰を降らせ、地球上の全ての生き物が死滅する・・・。
米国大統領は、ソ連書記長に爆撃機の撃墜を依頼すると共に、将軍の身柄の確保を急がせた・・・。
世界の運命は・・・!?



え~、何となく緊迫した雰囲気で、ありきたりな映画な気がしますな。
米ソ・核・最終兵器 と出揃っております(笑い


しかし、実際は・・・見てのお楽しみ(ぇ


この映画は、製作者の言いたい事を精神的に描く・・・と言うよりは「ジョークの中に盛り込む」または「それ自体をジョークにしてしまう」っと言った所でしょうか?


人類滅亡の危機に迫っていながら、何故か焦らない人、喜ぶ人、何も知らない人と様々であります。
米首脳部では、核による先制攻撃大賛成の将軍と、何処か頼りない大統領、異常なまでに落ち着いていて挙動の怪しい博士、スパイ活動をするソ連大使と、イロの濃いキャラクターが己の主張こそが正しいと通そうとします。


題材的には、その当時少し笑えないものだったかもわかりませんが、内容的には現在でも十分に楽しめる映画であります。
安直で分かり易いジョークから、捻った皮肉じみたジョークが散りばめられており、飽きさせません。


小生、ウィキペディアを読むまで知らなかったのですが、大統領・博士・マンドレイク大佐が同一人物による演出だったようです^^;
言われてみれば、みな似ているような気もしてきます(笑い


※この映画は喜劇です(笑い




(Absente 55)アブサント 700ml 55度


博士の異常な愛情・・・。
この映画にあわせるならば、アブサン系の酒でありましょう。
複雑怪奇な味わいは何処かこの映画に似ている気もします(笑い

拍手[0回]

フリーエリア
紹介
HN:
bittar
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
洋酒・シガー・Disney
自己紹介:
洋酒とシガーそれにDisneyを愛するキザ野郎…その正体は何処にでも居る普通の男。
これら以外にも紅茶やJazz、大航海時代オンライン等も好みます。音楽ジャンルはJazz以外に幅広い洋楽や邦楽、イージーリスニングなど幅広い音楽を好む。
多趣味な人間です。クールを装いたがりますが、ネタに生きてみたりもします・・・(どっちなんだ・・・?
前略プロフ
フリーエリア
お酒に合うかもしれない物
健康
呑みすぎ、運動不足はメタボリック症候群の基ですよ!
フリーエリア
リンクバナー
使っていただけたら
光栄です(重いかも)

バナー

静止画1
バナー静止1

静止画2
バナー静止2
訪問数
Google
 
ブログ内検索
Friends Link
小生の友人or許可リンク集

Rの記述
R氏の綴るお茶目な
不定期更新テキストサイト
追伸:更新頑張りましょう



坊の独り言

A坊さんの書き綴る
エッセイ系日記ブログ
追伸:体を大切に!


com_ti001.gif
LoveLoveRum
よーこさんの書き綴る酒HP。
色々お世話になります^^;
今頃何処にいるやら
gooあしあと
御意見
[07/27 BymmedeInetly]
[05/14 backlink service]
[12/28 ランディル]
[10/24 bittar]
[10/23 Rの人]
広告


壮大なストーリーと派手なアクションでRPGの新たな道を開く一本!ハードな展開に気の利いたジョーク、シリアスな展開にやりこみ要素満載のEOEをやらない理由は無い!


ヌルゲーマー、ガキはお断り!
戦友よ本物の戦場にようこそ。ここでは派手なアクションや演出は見られない。理不尽な死もある。その中で小隊を指揮し、広大なスキラ島を戦い抜くハードなFPS。


ハードボイルドな男のミステリーを書くスティーヴン・ハンター。氏の小説は、男臭く、マニアックで、ハード。
まさに男の読み物。バーボンを片手に読むのに打って付け。
BARBOUR
アクセス解析
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム
バーコード
フリーエリア


密林

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]