忍者ブログ

LEMON HART

Liquor & Cigar 洋酒と葉巻…時代に流されない気取り屋でいるのも悪くない

<< | 2017/09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

広告

Disneyモバイルに乗り換えよう

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋の夜長~Tanqueray No.Ten~

季節はすっかり・・・秋で御座いますな。
だんだんと朝方布団から出たくなくなり、晩は晩で遅くまで起きてしまう・・・。どうした訳か秋の夜長と言うものは起きていたくなってしまいます。
恐らくは寒すぎず、そして静かで心が落ち着くからでしょう。
本を読む、映画を見る、物思いにふける、ゲームをする・・・etc
無論御酒を頂くのも一興。なれどもグイグイいくと言うよりは、落ち着いた御酒を、ゆっくりと味わうのが良いでしょう。
勿論、小説を読みながらだったり、古き良き映画を見ながらだったり、音楽を聴きながらだったりと愉しみ方と組み合わせは星の数ほど。


最近やっているゲームのうちの一つに面白いものがあります。
AQUANAUT’S HOLIDAY ~隠された記憶~』

AQUANAUT'S HOLIDAY ~隠された記録~

プレイステーション時代に、アクアノートの休日と言うタイトルで発売されていたゲームの流れを汲んでおります。
アクアノートの休日シリーズは、ストーリーが無い事は無いのですが、どちらかと言うと自由に海の中を散策するゲームでした。
今回のAQUANAUT'S HOLIDAY は今までよりもストーリー性がアップしております。
勿論、自由度の高さは今までのまま。PLAYSTATION 3の美しい画面のため、本当に海中に居る様な錯覚に陥ります。
350種以上の海洋生物が最大5000匹の大群で現れます。
華やかなサンゴ礁から、岩の多い海底、幻想的な海底洞窟、冒険気分を味わえる様な海・・・その中を特に制限無く散策することが出来ます。
ストーリーも大変宜しい。不思議なミステリチックなストーリーで、中には自分の中で考えてしまうような事も有ります。
答えを望む人には面白くないかもしれませんが、リアリティーのあるファンタジーの様なものが好きな方には面白いかと♪


秋の夜長に海中散歩なんてのも味かも知れません。



さて、余計な話をしましたが(笑
良いじゃ有りませんか、電球の明かりを消して、蝋燭やランプの灯りで呑むのも。中々良いものです。




落ち着きのある味・・・
今回頂いておりますものは・・・


Tanqueray No.Ten





ジンの名門タンカレー社のプレミアム・ジン。
何でもフレッシュボタニカルを使い、タンカレー社の「ナンバーテン」と呼ばれる蒸留器で蒸留されるのだとか。
ほぅ・・・能書きは良い事書いてありますな。
ボトルもタンカレーのずんぐりむっくりしたボトルから比べずとも、クールでスタイリッシュ。色とトレードマークが無ければ同じブランドと気が付かないかもしれません。


ボトルが素晴らしく、能書きが素晴らしくとも御酒にとって大切なものは・・・



~色~
とてもジンらしいクリア。


~香~
うん、甘味の掛かった優しい香ですね。それで居てジンの体裁を崩していない。


~味~
気になるお味は・・・うん、良い・・・凄く。
キレの良いジンを好む方には敬遠されるかもしれません。
しかし、ジンの体裁を崩さないまま、それで居て非常にまろやかで優しい味わい。非常に宜しい。
なんて言いますかね、実に優しいんですよ、雰囲気が。
ジンというとキレが良くクールなイメージを持ちますが、此方のボトルは非常に優しく、落ち着きがある。しかし、ジンらしいスタイリッシュな部分は残している。うん、良い。


これが女ならば、素晴らしいね(笑
秋の夜長の友に打って付けの一本です。
タンカレーNo.10 ジン 750ml 47.3度(Tanqueray No.Ten)

拍手[0回]

PR

Tanqueray

・・・



ロックアイスが無いorz


う~む、何かしらストレートで頂きますか。



その前に取りとめの無い話を・・・。


先日、ネットショッピングを致しまして、服を何着か買ったんですねぇ。
・・・ミリタリーウェアですが(汗
ちなみに、迷彩柄とかではなく、普通に着ていても気が付かないチョイスです。


その中で、ちょっとネタで買ってしまったものが・・・



ドイツ軍ウールウインターハット(新品)


ハイ、何処で被るんだって話ですね(汗
しかしまぁ、これ被ると非常に温かい♪
寒がりの小生向けの商品かもしれません。
冬季の釣や、ハイキングなどで重宝するかもしれませんねぇ。
まぁ、好み次第ですが(笑



さて、本日は何のボトルを・・・


Tanqueray





珍しくジンスト。
Rumも考えましたが、何故かGin。
ボンベイサファイアも良かったのですが、タンカレー。
まぁ、気分と言うのは面白いものですな。


タンカレーは、ロンドンで生まれた酒であります。
4回蒸留することによる、キレのよさが特徴なんだとか。


・・・まぁ、呑んでみないと解らんものです(苦笑



~香~
ジュニパーベリー(杜松の実)の香・・・っと言っても良くわかりませんが、松脂のような香と言えば解りやすいですね。


~色~
語るまでもなく、澄んだクリア。


~味~
・・・クッ・・・このキックがたまらない。
まろやか・・・っと言う言葉を微塵も感じさせないキレの良さ。
DRY Ginと名乗るだけあり、非常に辛口です。


松脂のような風味と、苦味がありますが、非常にサッパリとした味わいであります。
やはり、キレの良い酒を味わうのであらば、Ginに勝るものは無いでしょうな。
鼻を抜けていく香がたまらなく宜しいです。

ま、華の無い場所で気取ったって仕方ないのですが(笑



~本日のボトル~


Tanqueray London Dry Gin

拍手[0回]

ALLBORG TAFFEL AKVAVIT

7月も終わりというのに、中々夏日と言うものが現れませんな。
日曜には、いよいよ真夏かと思う天気でありましたが・・・どうもまだぐずついておりますなぁ。
夏は暑いほど経済によい効果をもたらせます。
暑ければ、冷房器具は売れますし、飲料なども売れますな。小生にはあまり関係が御座いませんが、普段だったら歩いたり、バスで移動する所をタクシーで・・・なんて方も居られるかと考えます。
そう言った事で、暑ければ皆が銭を使いますので、世が潤うと言った図式でありますな。


暑い時に、キンキンに冷やしたラムを呑むと美味いものです(笑
結局はココに帰ってくるのでありますが(苦笑


さて、キンキンに冷やしたラムも美味いですが、此方も美味いです。


ALLBORG TAFFEL AKVAVIT




オールボー タッフェル アクアビット。
デンマークのアクアビットであります。
上記リンクのものは42度のようですが、小生の手元に有る者は45度となっております。
どちらかが平行品であったり、古かったりする関係ですかねぇ?
まぁ、度数が高い方がお得感があったりしますが(笑


冗談はさて置きまして、此方のアクアビットは世界で一番呑まれているアクアビットのうちのひとつだそうであります。要は一般的であるって事ですな。
日本で売られているアクアビットって物が少ないものですから、存在自体が珍しいですけれどねぇ^^;


余談ですが、アクアビットと言う言葉を日本語にすると「命の水」だそうです。元々はラテン語なんだとか。
元々はスピリッツって物自体がアクアビットと呼ばれていたそうですが^^;
製法は、ジャガイモを糖化させて蒸留したものに、ハーブだのスパイスだのを入れるのであります。
リキュールになりそうな雰囲気ですが・・・日本の酒税法でも他国の基準でもスピリッツになる模様ですなぁ。


さて、グダグダ言っていても仕方ないので呑みましょうか(笑
本日は、こういったものを頂くには珍しく、タンブラーで頂いてみましょうか。
タンブラーに大き目のロックアイスを3つほど入れまして、その中にアクアビットを注ぎます。
う~ん、見た目にも涼しげであります。


香りは・・・アニス独特の少しツンとしたような香りがあります。
しかし香りは強すぎず、落ち着いております。


お味は・・・口当たりは優しいですね、冷えているのも有るでしょうが度数を感じさせません。
キレが良く、ハーブの入っている酒独特の苦味が少し有ります。
キレが良く辛口なのですが、口当たりが優しいので少し変な感じですね^^;
この酒でありましたら、静かな夜を過すのに良いかと考えます。


この夏を、涼しげなデンマークの酒で過すのも悪くないですよ^^

拍手[1回]

精神

唐突に『精神』と言う題名をつけてはみましたが・・・妙ですねぇ^^;
ちなみに大した事は御座んせん。


『精神』を英語にしますと『Spiritu』 要するにいつもと変わらない酒の話で御座います(笑い


最近の若いもんには、精神力が足らん・・・だなんてことを申したりしますが、それはやはり良い酒を呑んでおらないからでしょうな(笑い


焼酎、日本酒を旨いと思って呑んでいるなら結構ですが、缶酎ハイを旨い旨いと言って呑んでいたらご愁傷様といったところで御座いましょうか。
アルコールが呑みたいんだか呑みたくないんだか、全然わかりませんな。まぁ、呑みたいのでしょうが(笑い


ちょいと洒落れて呑むならカクテルを、普段から呑む酒はやはりスピリッツでしょう。
まぁ、そうは言っても所詮は「嗜好品」であるため、自分の趣向に合ったものを呑むべきと考えます。
小生かて醸造酒(日本酒・ビール・ワイン)ってのは苦手でありますのでお付き合い程度にしか呑みません^^;


昔と違い情報の量が膨大になり、また流れも速く現実を目の当たりにすることが多くなり、夢や希望だなんて物を持ち難くなっている事は確かです。
しかし、最初っから出来ないと投げていては何にもなりません。
膨大な情報が流れるこの時代だからこそ、夢や希望を持って理想の方向へ進まねばいかんのです。
ネットで調べたら答えが出た、テレビでこう言っていた・・・っと言うのが全てではないはずです。
自分の路である人生なら、他人には干渉の出来ない部分「精神」というものが存在するはずです。


『出来ない からは何も生まれない、やってみなければ・・・』


                                  
ボンベイサファイア47°           ストリチナヤ・ウォッカ              レモンハート デメララ151プルーフ 

  

拍手[0回]

カシャーサ51

人生という長い路に於きまして、何時だっても幸せで居られる方だなんて、まず居るもんじゃないと考えます。
読者様の中に居りましたら、是非ともお分けください(笑い


以前に、製品の不具合の改修というものへ半年ほど行かされていた事は、ここでもお話したと記憶するのですが、その時の娯楽というものが『ラジオ』でありました。
朝、SBSラジオにセットし『ほのぼのワイド~中村こずえの Smile for you~』を聞く。
その途中で『ラジオ 人生相談』なる番組が有り、内容はそのまんまなんで御座います。
基本形式は、パーソナリティー1名、相談相手(弁護士だったり、教育博士だったり色々)と相談する人が、電話で話をする形で、相談はいつも「ドロドロしていて日本人が好きそうな話」が多かったりします(笑い


まぁ、番組の内容はどうでもよろしいのですが、日替わりで出て来るパーソナリティーの人の言葉が気に入っておりますので、ちょいと紹介。


『変えられる事は、変える努力をしましょう。変えられない事は、受け入れる努力をしましょう。』


ある意味、これ以上の物は無いでしょうな。
自分が思って、変えられる事は、どんなに苦労しても変えることが出来ます。それだったら、変えることが自分にとって最善なのであります。
また、どうしても変えられない、そんなものは諦めて、いかにそれを自分の中に受け入れる、又はそれと付き合っていくのが最良か、考えねばなりません。
そうは言いますものの人間、変える努力を怠ったり、どうしても受け入れがたい事があったりするものです。
そこら辺と上手く向き合って行くのが上手い生き方なのかなぁと考えます。
どんなこと対しても「割り切り」というのが重要ですな。


さて
『CACHACA51』

カシャーサ[カシャッサ] 51 700ml 40度(Cachaca 51)


カシャーサ51。ブラジルの特産「ピンガ」の代表銘柄です。
近年は、欧米各国のレス等で出されるようになり、「スミノフ(ウォッカの大手メーカ)」や「バカルディ(ラムの大手メーカ)」を抜き、「真露(じんろ:フツーに見かけるアノジンロ)」出荷量を競うほどの、スピリッツの王者なんだとか。
小生、個人的にはスピリッツの王者は「LEMON HART」です(笑い
まぁ、自分の評価はどうであれ、他所様で高い評価を出している、未だに呑んだことのない酒というのは実に興味深いものです。
本日、酒屋まで行った記憶はあるのですが・・・家についたら何故かカシャーサ51があるではないですか!(わざとらしく


まぁ、そんなこんなで頂いてみますかなぁ♪


キャップを開け、香りを・・・


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・・・? え~と、コレは甘い燻製ハムの匂い?(謎
甘い燻製ハムってのもよく分かりませんが、適切な表現です?(多分


昨日の、サウザゴールドよりかいいですが、良く分からん香りです^^;


不安がありますが、頂いてみましょう^^;


・・・ヘンな味・・・^^;
チョッと甘くて、チョッと苦くて、チョッと味がしなくて、後味が燻製ハム・・・何コレ^^;
ヘンな味ですが、呑めなくはないです。
そういいながら、ストロワヤで浄化してますが・・・(笑い

ストロワヤウオッカ 500M



~本日の一曲~


携帯哀歌 その後
※リンク先音が鳴ります
東京プリン


え~、店の有線放送化なんかで流れておりました。今日初めて聞いた曲ですが、一人でクスクスウケてました^^;
本屋で立ち読みして笑ってる人よりも恥ずかしいかもしれませんね(笑い


内容としますと、携帯に電話もメールも余り来なくて、使いこなせもしない男の悲しい唄です。
曲調が「あずさ2号」に雰囲気が似ている所があるので、耳を傾けると、笑うしか出来ませんでした(苦笑


たまにはコミックソングを聴くのもよろしいですな♪




拍手[1回]

テキーラ

酒の呑み初めが

Stolovaya


ストロワヤウオッカ 500M


コイツになって来ています^^;
まぁ、スピリッツ派の小生としては自然なことかもしれませんねぇ。


そもそも、スピリッツとは蒸留酒の事でありまして、大きくは「ジン」「ウォッカ」「ラム」「テキーラ」の4種類が有名ですね。
それ以外ですと、北欧の「アクアビット」 ドイツの「コルン」 東南アジアの「アラック」 ブラジルの「ピンガ」といったものがあるようですねぇ。
蒸留、っと言うことは「ウィスキー」「ブランデー」「焼酎」も蒸留して作る酒ですので、スピリッツという表現が出来ないこともないのですが、そこまですると収集がつかなくなるので、個人的にはどうかと思います(笑い


ちなみにリキュールってのは、スピリッツに香味成分を配合し、味を付けた物なんだとか。
ある意味で、無限大に酒の種類が出来るわけです♪
フルーツや薬草等の植物成分からとることが多いのですが、中にはクリームの入った酒や卵の入った酒なんてのも有ります^^;
※参考品(小生呑んでおらない酒ばっかなので・・・そこら辺はお1つ・・・)

ビスコタ クッキー&クリーム 500ml 16度(Biscota Cookies & Cream)


クッキー味のリキュール。
ワリと何処にでもおいてありますねぇ。



モーツァルト チョコレート リキュール 17度(Mozart Chocolate Liqueur)


チョコレートリキュールの代名詞であります・・・って言ってもコレしか知りませんが・・・。
バレンタインも近いので、コレを送ってみるのも一興かもですねぇ♪
ちなみに4種類の味があるようです。



 【最大ポイント10倍中】(1/19 23:59迄)ヨーグリート 500ml 16度(プラチナ・ゴールド会員様10...


コレも比較的見かける酒です。
ヨーグルトのリキュールですな。フルーツ系リキュールと合うそうなんですが、どうなんでしょうか?
以前に、こやつのイチゴ味は余りおいしくないと、風のウワサで聞いたような聞かないような・・・。




ん~コレは目玉焼き?フレッシュ エッグリキュール 500ml 17.7度


はい、こんなものは見たことありません^^;
ドイツのエッグリキュールです。健康酒というような意味を持つ酒のようです。



酒の世界はおくが深いですねぇ・・・いろんな意味で(笑い



さて、ヴォトカを頂いたり、ラムを頂いたりと忙しい小生ですが(色々呑みたいのでショットグラスでチマチマ呑んでいます)


Sauza TEQUILA GOLD

【最大ポイント10倍中】(1/19 23:59迄)サウザ ゴールド 750ml 40度(プラチナ・ゴールド会員...


テキーラの名門サウザ社のテキーラです。
テキーラって言いますとサボテン酒というイメージかと思われますが、アロエをでっかくしたような「竜舌蘭」なる植物から作るようです。
テキーラ、ヴォトカと聞くとえらく強い酒に聞こえますが、実際は下手なこの手の酒より『ラムの方が強い』です。
テキーラが大体40度、ヴォトカが40~50度でラムは、40~75.5となっております(幅があるってよりは40度くらいか75.5度くらいって領域か・・・)。
ちなみに、世界で一番強い酒とされているのは
御存知
SPIRYTUS

スピリタス ウォッカ 正規品 500ml 96度(Spirytus Rektyfikowany Polish Vodka)


この火気厳禁の精製アルコールは、ポーランドのヴォトカです。
多分ポーランド人でもストレートでは飲まないと思います^^;
ちなみに、ポーランドでは一般家庭に置いてあり、果実酒を漬ける時などに使われるなど、一般的な酒の模様。


まぁ、ここまでくると、何を呑んでるのか分からなくなる物で御座いますから・・・ねぇ^^;
やっぱりここは151プールーフのラムが・・・
たとえば・・・
『LEMON HART 151』

レモンハートデメララ ハイストレングス 750ml 73度 【ラム】 ★アルコール度が73度!!



さて・・・話が大場に逸れましたが、サウザ・ゴールドです(汗


まずは香り・・・


・・・


・・・・・


・・・・・・・・・すごく不安な匂いが・・・。なんていいますかねぇ・・・喩えようがないですが、ちょいと苦手な匂いです^^;
何にも喩えられない、独特な香り(強いて言うと、醤油を入れたウイスキーの薄いもののような匂い)の中に甘みがあります・・・。失敗ですかねぇ


とりあえず呑んでみましょうか・・・
ヘンな味^^;
でも悪くない・・・けど悪い・・・けど苦い・・・けど甘い・・・(思考回路破壊
味は悪くはないのでありますが、独特の臭みがありましして、それさえ攻略できれば良いのかなァと^^;
味自体はむしろ美味しいですね。苦めの口当たりですが、軽い甘さが広がります。後味は、ちょいと持続が長いですかね。


総評としますと、ちと臭いが呑める酒。多分臭みになれて、嵌ると抜けれなくなりそうです^^;



~本日の漫画~


ハイ、別に紹介する曲がなくなったわけでは有りませんが、紹介したい漫画があるのでちょいと書かせていただきます。


チョッと、ココ(LEMON HART)とは温度差があるので、どうかなぁとも思うのですが・・・。






通称「ハトよめ」こと「ハトのおよめさん」であります。


概要としますと、主人公である「およめさん」、ベンチャー企業の社長である「旦那」と、二人の間に生まれた雛の「ぶっこちゃん」を中心に、落書きのようなほのぼのとした可愛らしいキャラクターが『悪態をついたり』『暴言を吐いたり』といった、チョッとキている漫画です。


他にも色々なキャラクターが登場します。
「およめさん」の友達の「ワニ子(ウサギ)」、キレ易いおもちゃ屋の店主、刑事の「ハリー(スヌーピーもどき)」、料理学校教師で自称福山似の「KAZU先生(パンダ・犯罪者)」等など湯かなキャラクターが登場します。
※どのキャラクターもそこそこ可愛らしい絵で暴言を吐きます。


基本的に、ボケはバカだとしか言えない様なボケが多いですが、そのワリに急に難しい話を織り交ぜ、意味不明なところへ引っ張ろうとする点が、作者の高度な技量なのか、ヤッツケ仕事なのか分かりません^^;
ちなみに、随所にマニアックなネタが転がっており、知っている人間は思わずニヤリとなってしまいます(苦笑


おバカな漫画では御座いますが、決して低俗ではないと思っております・・・まぁ高尚でもないですが(笑い

拍手[0回]

JIN

野暮用続きで更新が遅れてしまっていますが、どうぞ宜しく(汗


長いと思っていた正月休みも今日まで、まぁ明日行ったらまた2日休みなんですが(苦笑
色々やろうとしていたことが出来なかったり、またやろうとは思っていなかったことが出来てしまったりと色々ですが、皆様どうで御座いましょうかね?
中には、世の大部分の方々がお休みの中、正月休みだなんて物が無いご苦労な方もいたかもしれませんね^^;
小生なんざ、ゆるりとしていた・・・というよりかは、ダラダラしておりましたかね^^;
しかしまぁ、休みの間中しか出来ないようなこともしていたので、それなりに有意義でしたけどねぇ。



前回でしたかな?
簡単に紹介したのですが


 『Chartreuse Liqueur Fabriquee Green


シャルトリューズ・ヴェール 55°


世界で一番有名な薬草酒とも言われる「シャルトリューズ・ヴェール」
その昔は、不老不死の妙薬といわれていたほど。
130種類もの薬草を漬け込み、独特の香りと、風味を醸し出している。
55度と少し高めではありますが、ストレートでもスッと入ってくるのみ安い酒で有ります。


Jagermeister Herb Liqueur


イエガー マイスター 700ml 35度(Jagermeister Herb Liqueur)


ドイツの薬酒。
四角い瓶に、鹿のラベルが特徴的なこの酒は、ドイツ国内でも親しまれる酒。
56種類の薬草、スパイス、果物を漬け込みバランス良く甘みと苦味のある酒。
薬酒では有りますが、甘めに仕上がっているので、見た目ほど呑み難くなく、ストレートでもいただけます。



といった酒を合わせまして(1:1で、氷の入ったロックグラスに注ぎ、ステア)、手製カクテルを造ったのですが・・・
これにハマってます^^;


アルコール度数が高めになるため、ガブガブ呑むわけにはいきませんが、口当たりが良く、高度数を感じさせない酒です。
体にもよさそうですしねぇ♪
何処までいいのかは知りませんが(苦笑



さて、話は変わりまして


BOMBAY SAPPHIRE


ボンベイサファイアジン 750ml 47度 【正規品】


ボンベイサファイア。
イギリスのジンであります。
ジンといいますと、タンカレー、ビーフィター、ゴードン・・・有名所はこんな所でしょうか?


小生のストックの中に
Tanqueray

タンカレージン 750ml 47度


GILBEY’S GIN

ギルビージン 750ml 37.5度


タンカレーとギルビーの2本のジンを持っております。
そこへ、ボンベイサファイアを購入し、まぁ3本になったわけです。


何で買ったかって?
そりゃ決まってますよ 瓶の色がきれいだから ジンとしては呑みやすいという定評があるのと、もともとジン自体がジュニパーベリー(杜松の実)なるものをアルコールに漬け込み、それを蒸留したものなんだとか。
元々が、薬として発売されたものだそうです。
その中でも、ボンベイサファイアは10種類の植物性成分を蒸留しており、薬酒好きの小生とすると、横目でチラチラとずっと見てきたものなのであります^^;


他のジンが、ツンと来る強い松脂の香りがしますが、ボンベイサファイアは、ツンとした中にも甘みがあり、優しい香りがします。
味も、タンカレーのように刺激的で鋭い味でなく、ジンのスッとした味を残したまま、かつ呑みやすいという仕上がりになっております。
ジンが、呑み難いという印象のある方には是非とも試していただきたい品であります^^


ジンベースのカクテルについては、また明日。


~本日の一曲~


『匂艶 THE NIGHT CLUB』
サザンオールスターズ


サザンの音楽の中には、刺激的なロック、しっとりとしたバラード、ノリの良いロックとポップスの合いの子の様な曲の他に、妖艶ソング又はエロティックな曲というものがありますねぇ(笑い
まぁ、エロソング(ぁ)はロックに分類しようかどうか迷う曲も多々ありますが、この曲は妖艶という響きがあっているような気がします。
『薄手のブラが裸の中身も透す』
『ナイトクラブで男も濡れる 波を枕に漂うほどに』
テンポ良く流れる曲の中に、サラッとエロ意言葉が挿入されています(笑い
個人的には、エロカッコイイ(ぉ)こういう曲は好きですね^^


まぁ、季節を思い切り外していますけどねぇ(苦笑

拍手[0回]

フリーエリア
紹介
HN:
bittar
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
洋酒・シガー・Disney
自己紹介:
洋酒とシガーそれにDisneyを愛するキザ野郎…その正体は何処にでも居る普通の男。
これら以外にも紅茶やJazz、大航海時代オンライン等も好みます。音楽ジャンルはJazz以外に幅広い洋楽や邦楽、イージーリスニングなど幅広い音楽を好む。
多趣味な人間です。クールを装いたがりますが、ネタに生きてみたりもします・・・(どっちなんだ・・・?
前略プロフ
フリーエリア
お酒に合うかもしれない物
健康
呑みすぎ、運動不足はメタボリック症候群の基ですよ!
フリーエリア
リンクバナー
使っていただけたら
光栄です(重いかも)

バナー

静止画1
バナー静止1

静止画2
バナー静止2
訪問数
Google
 
ブログ内検索
Friends Link
小生の友人or許可リンク集

Rの記述
R氏の綴るお茶目な
不定期更新テキストサイト
追伸:更新頑張りましょう



坊の独り言

A坊さんの書き綴る
エッセイ系日記ブログ
追伸:体を大切に!


com_ti001.gif
LoveLoveRum
よーこさんの書き綴る酒HP。
色々お世話になります^^;
今頃何処にいるやら
gooあしあと
御意見
[07/27 BymmedeInetly]
[05/14 backlink service]
[12/28 ランディル]
[10/24 bittar]
[10/23 Rの人]
広告


壮大なストーリーと派手なアクションでRPGの新たな道を開く一本!ハードな展開に気の利いたジョーク、シリアスな展開にやりこみ要素満載のEOEをやらない理由は無い!


ヌルゲーマー、ガキはお断り!
戦友よ本物の戦場にようこそ。ここでは派手なアクションや演出は見られない。理不尽な死もある。その中で小隊を指揮し、広大なスキラ島を戦い抜くハードなFPS。


ハードボイルドな男のミステリーを書くスティーヴン・ハンター。氏の小説は、男臭く、マニアックで、ハード。
まさに男の読み物。バーボンを片手に読むのに打って付け。
BARBOUR
アクセス解析
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム
バーコード
フリーエリア


密林

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]