忍者ブログ

LEMON HART

Liquor & Cigar 洋酒と葉巻…時代に流されない気取り屋でいるのも悪くない

<< | 2017/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

広告

Disneyモバイルに乗り換えよう

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本人の、日本人による、日本人の為の国家

ある人がこう言ったそうだ。


『日本は日本人の為だけではなく、日本に住む皆の為になるべきだ』


言葉だけ見ると非常に美しいですね。
しかし、日本人でも無いのに日本に住んでいる?少し疑問を感じますね。
勤勉な出稼ぎの外国人労働者の方がそう言ったにしても、疑問を感じます。何故ならば、その人は来たくて来ているのだから。
それなのに、変われと言うのは不思議な話ですね。

勤勉な出稼ぎ外国人の方と言う設定ですら疑問を抱くこの言葉。
それが、密入国・徴兵逃れ・犯罪目的で流れてきた者が言うのであらばたまったものではありません。


そんな者達をいとも簡単に日本人に変えてしまう法律・・・それを産み出そうとしているのが、現在進行形で進んでおります『国籍法改正案』なのであります。
どういうことか?

『D N A 鑑 定 な し に、男親が「俺の子です」と認知さえすれば、
 外国人の子供が誰でも日本国籍を取れてしまうようになるザル法案。しかも、罰則は超緩い。』
http://news23vip.blog109.fc2.com/blog-entry-1484.html


簡単に纏めてあったものをお借りすると上記の様な具合です。
抜け穴だらけというか、法案自体が穴でしかないのでどうしようもありません。
あくまでも見極める為に法が存在していたのに、そこを破棄してしまって形だけのものにしてしまっているんですな。


つまり、ウソを吐けば簡単に日本国籍を得られてしまうのです。
勿論、そんなウソを吐いて国籍を取得する人間にまともな人間がいるとは到底考えられないわけですな。
本来であらば、そのウソを見抜くための法律であるのに、どうしてそこを撤廃してしまうのでしょうか?
しかも、この事実は殆んど報道されていません。どうしたわけでしょう?


関係ない、どうでも良いと考える方が多いかもしれません。
しかし、偽日本人が増えた暁には彼らは彼らの都合の良い国へと変えて行ってしまうでしょう。その時に、本物の日本人が弾圧されていないとは限りません。




日本人の、日本人による、日本人の為の国家を我らの手に。


※この駄文は、小生のmixi日記からの転載です(汗


非常に分かりやすくまとめをwikiにしてくれてありますので御参考までに
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/

拍手[0回]

PR

つい考え深くなるこの季節~I.W.HARPER 12yo~

なに、夜は始まったばかり。
ゆっくりと何も考えずに呑むのも悪くない。
優雅さを気取るのも、孤独さを気取るのも、無を気取るのも・・・一人で呑みながらならば何も恥ずかしい事は有りやしません。
下らない・・・かもしれません。しかし、自分が満足する事が一番なのです、自らの心を癒さなければ、他人の心を癒したりなんか出切るものですか。
素直に生きる・・・簡単な様で難しく、難しいようで極単純。
人の道を生きる・・・過去と未来の消して交わる事の無い狭間で生きる者達の定めであり、苦役であり、快楽である。
どれほど生きるだなんて事は分かりません。今が大切であるのです。今の酒は今しか呑めないのですから・・・。



愚痴っぽくていけませんね(苦笑


I.W.HARPER 12yo







I.W.ハーパーの12年です。
この御酒の何が好きと聞かれたら「ボトル」と答えてしまいそうなくらいこのボトルが好きですね。
光を当てた時の反射が特にGood。
まぁ、そうは言いましてもボトルは呑めやしませんし、まして味なんかもしやしません。


~色~
綺麗な黄金色。
ウィスキーとすると若干色が薄い系統となります。


~香~
濃厚な香り・・・風ですが、重すぎずさらに甘みのある香りなので、親しみやすい。


~味~
さて・・・宜しい。
バーボンバーボンしたバーボンと比べるとライトで甘く感じる部分があります。
う~ん、ライトと書きましたが・・・違うな、まろやかと言う奴ですな。
味自体の重さというものは有りますが、嫌らしくなく、上品と言うか呑みやすい仕上がりとなっております。
ワイルドさはありませんが、重いながらも良い口当たりは非常に宜しい。


秋の夜長、隣に居て安心できるボトル・・・それも一つの選択肢。



【在庫限り大特価】I・W ハーパー 12年 750ml 43度 箱付

拍手[0回]

秋の夜長~Tanqueray No.Ten~

季節はすっかり・・・秋で御座いますな。
だんだんと朝方布団から出たくなくなり、晩は晩で遅くまで起きてしまう・・・。どうした訳か秋の夜長と言うものは起きていたくなってしまいます。
恐らくは寒すぎず、そして静かで心が落ち着くからでしょう。
本を読む、映画を見る、物思いにふける、ゲームをする・・・etc
無論御酒を頂くのも一興。なれどもグイグイいくと言うよりは、落ち着いた御酒を、ゆっくりと味わうのが良いでしょう。
勿論、小説を読みながらだったり、古き良き映画を見ながらだったり、音楽を聴きながらだったりと愉しみ方と組み合わせは星の数ほど。


最近やっているゲームのうちの一つに面白いものがあります。
AQUANAUT’S HOLIDAY ~隠された記憶~』

AQUANAUT'S HOLIDAY ~隠された記録~

プレイステーション時代に、アクアノートの休日と言うタイトルで発売されていたゲームの流れを汲んでおります。
アクアノートの休日シリーズは、ストーリーが無い事は無いのですが、どちらかと言うと自由に海の中を散策するゲームでした。
今回のAQUANAUT'S HOLIDAY は今までよりもストーリー性がアップしております。
勿論、自由度の高さは今までのまま。PLAYSTATION 3の美しい画面のため、本当に海中に居る様な錯覚に陥ります。
350種以上の海洋生物が最大5000匹の大群で現れます。
華やかなサンゴ礁から、岩の多い海底、幻想的な海底洞窟、冒険気分を味わえる様な海・・・その中を特に制限無く散策することが出来ます。
ストーリーも大変宜しい。不思議なミステリチックなストーリーで、中には自分の中で考えてしまうような事も有ります。
答えを望む人には面白くないかもしれませんが、リアリティーのあるファンタジーの様なものが好きな方には面白いかと♪


秋の夜長に海中散歩なんてのも味かも知れません。



さて、余計な話をしましたが(笑
良いじゃ有りませんか、電球の明かりを消して、蝋燭やランプの灯りで呑むのも。中々良いものです。




落ち着きのある味・・・
今回頂いておりますものは・・・


Tanqueray No.Ten





ジンの名門タンカレー社のプレミアム・ジン。
何でもフレッシュボタニカルを使い、タンカレー社の「ナンバーテン」と呼ばれる蒸留器で蒸留されるのだとか。
ほぅ・・・能書きは良い事書いてありますな。
ボトルもタンカレーのずんぐりむっくりしたボトルから比べずとも、クールでスタイリッシュ。色とトレードマークが無ければ同じブランドと気が付かないかもしれません。


ボトルが素晴らしく、能書きが素晴らしくとも御酒にとって大切なものは・・・



~色~
とてもジンらしいクリア。


~香~
うん、甘味の掛かった優しい香ですね。それで居てジンの体裁を崩していない。


~味~
気になるお味は・・・うん、良い・・・凄く。
キレの良いジンを好む方には敬遠されるかもしれません。
しかし、ジンの体裁を崩さないまま、それで居て非常にまろやかで優しい味わい。非常に宜しい。
なんて言いますかね、実に優しいんですよ、雰囲気が。
ジンというとキレが良くクールなイメージを持ちますが、此方のボトルは非常に優しく、落ち着きがある。しかし、ジンらしいスタイリッシュな部分は残している。うん、良い。


これが女ならば、素晴らしいね(笑
秋の夜長の友に打って付けの一本です。
タンカレーNo.10 ジン 750ml 47.3度(Tanqueray No.Ten)

拍手[0回]

クリアな液体

さて、ちょいと良いお水を買ってまいりました。





VIVO


ちょいとお高い水ですな。
とある店で見つけ、特に何と無しに買ってきたのでありますが、何やら機能水の様です。
http://www.vivojapan.com/
公式ホームページを見る限り、スポーツに良いだとか、美容に良いだとか書いてあります。
能書きについては・・・少々胡散臭い気もしますが(笑
兎にも角にも呑みやすい水です。
分子が細かいと自称しているのが何処まで正しいのか分かりませんが、口当たりが非常に宜しい。能書きを除いても呑む価値ありと考えます。
地球上に存在する最高の水・ナノクラスター水ナノクラスター水VIVO(ヴィヴォ)500ml X 24本セ...


さて、水と言うと此方もオススメ。



ICE AGE

此方は先ほどの様な特別な水・・・と言う事は御座いません。
氷河を源泉としている・・・と言うちょっと壮大な所はありますがね。
VIVOもICE AGEも超軟水の部類でありますが、呑み比べるとICE AGEの方がワイルドな味わいに感じます。
此方も非常にオススメのボトルです。
アイスエイジ【無発泡】 1500ml  12本



おや、何時から水ブログに成り下がっているのやら・・・
おっと、成り下がったなんて言いますと水に申し訳立ちませんな(苦笑






CIROC


シロック。
フランスのVodkaであります。
Vodkaと言うとソヴィエt・・・ロシアと言うイメージが強いですが、Vodkaを生産している国は多いですね。
東欧、西欧、米国、変り種ではヴェトナムにも有る様ですね。
ベトナムウォッカ ルアモイ 45度600ml

美味しいかどうかは知りやしませんが(笑


さて、話が逸れましたが此方のシロック、世界初のブドウから作られたVodkaなのだとか。
フランスと言いますとシロック以外にグレイグース辺りが有名ですが、調べてみるとフランスの銘柄も中々日本に輸入されていますね。


だらだら書いていたって御酒の味なんざ分かりやしませんな(苦笑


~色~
限りなくクリア。
余談ですが、ボトルの下部はグラデーションがかかり青くなってゆくのが綺麗ですね。


~香~
Vodkaらしいアルコールの香りの中に、微かな甘味。


~味~
気になるお味は・・・うん、悪くない。
口当たりに仄かな苦味、その後に広がる甘み。
Vodkaと言いますと、スッキリしたものが多い中、どちらかと言えばまったりとした味わいになります。無論Vodkaとするとのお話しです。


秋の夜長、スピリッツを頂くとすると、ショットグラスでグイグイ呑むものよりも、少し落ち着いて呑めるものが良いですな。
特にVodkaではゆっくり呑めるものは中々無いかと。
CIROC、この仄かに苦く、甘く、優しい味わいは選択肢として悪くは無いと思いグラスを傾ける。
優しさに抱かれながら・・・。



【秋の味覚フェア】シロック ウォッカ

拍手[0回]

存在意義

・・・え、え~とですね、理由を話せば長くなります(汗


何故なら、理由が特に無く、出来合いの理由を並べるだけなら幾らでも出来るからです(ぁ


ま、まぁ気分転換にフラフラしてたと思ってくださいまし^^;



恐らく、書いていない間に5本以上10本未満くらいの間でボトルが増えた・・・と思います(曖昧
一応、左側のサイドバーには増やしておきました。



さて、タイトルの『存在意義』。
本日はちょっと、当『LEMON HART』についての内容を。


最近のジャーナリストさん、特に少しお年を召された方、団塊の世代といわれる方々位でしょうかね?
そんな方々が、「最近の若者は酒を呑まない」何て事を言ったりします。
確かにそのようですね。
若者である小生から見ても・・・いや、ホントに若者なんですってば(汗
兎に角、呑まない人が多い。
それもそのはず、御酒=悪と言う図式が成り立っている・・・と行かなくともそれに近いものがあるからと考えます。


どう悪なのか?
様々な理由があるでしょう。
健康、トラブル、飲酒運転、ヨッパライ・・・etc
健康に悪いもの、リスクを伴うものに対して態々手を出すということをしないようですね。
それに、酔っ払ってフラフラしてたり、その辺で寝てしまうのも見っとも無い。
第一美味しくないと感じる様です。


ではどうするか?
・・・っと無理に勧めるもんじゃ有りませんね(汗
色んな意味、無理に呑め呑めと勧めたって嫌がるばかりで、嫌なイメージしか付きません。



そこで、話が大分ずれておりましたがLEMON HARTの存在意義です。
意義って事の物は無いですな^^;理由とか理念とかその程度で。


世の中には星の数ほどの御酒・ボトルが存在します。
その中には、多くの人が美味しく感じるもの、通にしか分からないもの、名前だけが一人歩きしているもの、マズいがコアなユーザーに人気の有る者・・・っと多種多様です。
しかし、初めての御酒というものは中々口を付け難いです。
御酒自身が始めてというのならばなおさらです。


小生も新しいボトルを買う前に、参考書やネットで調べることがあります。
それをもっと纏まった形で、レビューを纏め、参考にしてもらえたらと言うのがコンセプトです。
無論専門家でもない小生がやってることですので、参考にもならないかもしれませんが、こんなこともあるだ程度で認識してくれたら幸いです。


世の中には酒しかない訳ではないが、酒というものも有るのだと言う事を知ってもらいたい・・・それがLEMON HART。


Coolで、スタイリッシュに、そして・・・美味しくがモットーです。

拍手[0回]

狩人

気が付けば弥生も残るところは後僅か・・・。
年度末年度始めは、卒業・入学・入社など生きる内での大きなイベントがある時期でありますな。
焦ること無かれ、いつでも心を落ち着けておくことが大切でありますな。
恐るる事なかれ、臆病風は全てを持ち崩します。
罵る事無かれ、他人の卑下は心が荒みます。
全てが新しくなりますが、自分自身は肩書き以外そんなに変るものでは有りません。
気楽に行きましょう♪
御卒業、御進学、御入学、御入社お目出度う御座りますm(_ _)m


まぁ、小生や他のこの行事の当事者で無い方々は、この時期に新たに肩入れしてみてはどうでしょう?
後輩が増えることになりますので、その手本と・・・までは行かずともナメられ内容にせねばなりません(苦笑
千の言葉よりも一つの行動をモットーにやってゆきましょう・・・まぁ、小生が一番やらねばならんのですが(汗



はて、少しばかり春らしい御酒を紹介。
春というキーワードと、ウォッカというキーワードで有らば「ズブロッカ」と言う想像が出来ると思いますが、そうでは御座いません。
・・・書いていたら季節が合っているかどうかも怪しくなってきました(汗



HUNTER VODKA』&『Okhotnichya






ハンターウォッカ



オホートニチヤ




どちらもハンターウォッカの名を持つ御酒であります。
ハンターウォッカはポーランド産。
オホートニチヤはソヴィ・・・ロシア産ですね。



~色~

ハンターウォッカ:クリアですね。

オホートニチヤ:ウォッカとしては珍しく色付きで、薄めのブラウンですね。


~香~

ハンターウォッカ:GINの様な香りですねぇ、以外です。

オホートニチヤ:此方はイエーガーマイスターの様な甘い薬草酒の様な香り。


~味~

さてさて、ではハンターウォッカから・・・


オッ、コレは以外。GINの様な香りでしたので、苦味が強いかと考えておりましたが、GIN様な風味が広がったかと思うと、後はスッと流れてしまいます。
コレは美味しいですねぇ♪GINの香りが好きだけど苦くて・・・と言う方にはオススメです。しっかり味がついているのに、凄くキレが良いですね。グイグイと呑んでしまえる味です^^;



お次はオホートニチヤ・・・


コレは正反対。薬草酒の様な味わいです。
甘くないイエーガーマイスターか薄いウニクムですかねぇ。
呑みやすさは有りますが、ウォッカとしては珍しいような後味の長さ。
コレはコレでありですかね♪この風味は嫌いではありません。呑んでいると、もう少しもう少しと呑み過ぎそうですな(笑
ウォッカとしては珍しく、まったりとしている味ですね。



どちらも正反対の雰囲気の御酒。なれどもどちらもウォッカ。
どちらも正反対の味の五種なのに、どちらも美味い。
御酒の世界・・・面白いものです(苦笑



~本日のボトル~
ハンター ウォッカ


オホートニチヤ

拍手[1回]

R.L. SEALE’S RUM 10yo

いや~、どうもどうも。
疲れて寝てばかりいたのでどうも更新できておりませんでした。
帰って、飯を喰らい風呂に入りそのまま寝る・・・っといった生活をしておりました。
先週の土曜なんて酷かったですね。休日だったんですけれども、食事の時間以外は殆んど睡眠・・・。
我ながらこんなに人間寝れるものかと(笑


たいした仕事をしてるわけでも無いし、出来もしないんで疲れているのもアレですが(汗
まぁ、労働なんてものは生きるために必要な最低限の苦役でよいのではないかと。
趣味と一緒になられてる方は、それはそれで非常に素晴らしいかと考えますが♪



疲れを癒す為に、御酒の力を頂きましょうか(苦笑



R.L. SEALE’S RUM 10yo





R.L.シールズ ラム 10年。
アルマニャックのサン・ヴィ・ヴァンの様な変形したボトルが特徴的です。


R.L.シールズは、家族経営の会社なのだとか。
ちょっと調べただけなのでいまいち分かりませんが、バルバドスのラムですね。
楽天市場で値段を調べると、上から下までの差がヤケに激しいです・・・。
まぁ、価格だなんてものはそんなものの様な気もしますが、コレはどうかなぁ^^;
ちなみに小生は、真ん中くらいの価格で購入しました。


~香~
優しい香りですね。
落ち着いていて、少し甘みがあります。


~色~
濃すぎず薄すぎず、良い色ですね。


~味~
気になるお味は・・・うん、良いですね。
コレと言った華やかな味やパンチが無いのですが、その分落ち着いていてまったりとしており非常に良いですね。
スタンダード、しかし気品溢れる味。飾ったような雰囲気ではなく、清楚な雰囲気。
それだけだと線が細く感じますが、しっかりとした味わい。


う~ん、非常に宜しい。
この御酒の様な女性が愛妻ならば・・・尻に敷かれそうか(苦笑


~本日のボトル~

【スピリッツ ラム】RLシールズ・ラム 10年 750ml 43度

シールズ 10年ラム 43% 750ml R.L.シール


RLシールズ バルバドス 10年 プレミアムラム 750ml 43度楽天最安値に挑戦!通常河内屋特価...

R.L.シールバレル 10年 43度 750ml


う~ん、全部同じなんでしょうか?^^;

拍手[0回]

STOLICHNAYA 100 Prppf

いや~、気が付くと日増しに暖かくなってまいります時分になりますな。


出会い有り、別れ有り、そして生命の息吹が感じられる季節でありますな。
小生のように、鼻を患っている方ですと、少々鬱陶しい時期かもわかりませんが(笑


はてさて、いくらかボトルが増えました(汗


購入前から紹介していないボトルもまだ幾らか・・・。
ま・・・まぁ、ポジティブに行きましょうか♪



『STOLICHNAYA 100Prppf』





ストリチナヤ ブルーラベル(100プルーフ)。


ストリチナヤと言いますと、赤いレッテルの40度のヴォドカで御座いますが、此方はそれの度数的に上位のボトル。
スミノフやウヰルキンソンの度数違いが存在するのと変りません。
ただ、このボトル、どうした訳か1リットルです(汗
いや、呑むものですから多くても良いんですが、ちょっと威圧感が(苦笑


~香~
常温で有ると言うことも一因でしょうが、レッドラベルよりもアルコールの香りが強いですね。


~色~
言うまでも無く、限りなくクリア。


~味~
・・・うん、非常に良いキック。40度のものよりも強いですね。
しかしストリチナ、呑みやすいですね。スッと体に入って行きます。
元々クセの無く、スッキリとキレの良く、ほのかに甘い御酒というのがストリチナヤのイメージです。此方のブルーラベルは、度数が上がっている分ドライに感じますねぇ。温度を下げればまた変ったイメージになるのでしょうが、クリアでキレがあり、ドライと言うイメージです。
悪くない・・・(苦笑


ガツンと呑みたいときには持って来いのボトルですね。
しかし、50度とそれなりの度数を示しますので、呑みすぎには御用心(苦笑





ストリチナヤ・ブルー

拍手[0回]

薬草漬

春近く、日々温かい日々が続いておりましたが、本日は降雨もあり少し寒い日でありましたな。
体の調子を狂わせる事が多いかと考えます。
気をつけねばなりませんなぁ。


はて、一人カラオケが気が付くと習慣化しております。
いや、大変に結構なことかと考えております。
運動不足及び、ストレスの発散に効果がありますからな。
最近流行りの○○を男らしく唄ってみた・・・何てのの真似事なんかもしていたりします(苦笑
いやね、元々声が低音だものですから簡単に出来て、唄いやすいので^^;


明日もカラオケですかねぇ、ちょいと元気を付けますかね。



『薬草漬』






以前漬け込みましたる御酒の内の一つ。
チャービル、セージ、ペパーミント、ローリエ、八角をホワイトラム(LEMON HART)とウォッカ(ストリチナヤ)・・・っと言うレシピで合っているはずです(汗


さてさて、頂いてみましょう♪


~香~
ふむ、シャルトリューズ・ヴェールのような香りですねぇ。


~色~
色が少しライトなスコッチと同じくらいのブランでありましょうか。


~味~
・・・シャルトリューズじゃない・・・って当たり前ですね(笑
口当たりはシャルトリューズに似てないことも無いですが、甘く無く苦いです。
色と苦味というキーワードからウニクムやラマゾッティー(コレは甘いが…)の系統かと言うと、コレも違う。
アブサンですとかパティスのような味わいですね。独特です。



・・・ん、もしや・・・!( ̄□ ̄;)
う~ん、パティス系の味になる理由が分かりました。
中華料理で使われる『八角』なる香辛料を漬け込んでおりますが・・・コレは横文字で『スターアニス』と呼ばれるんだそうです^^;
そりゃパティスっぽくもなるか。
以前に何かで、アニスシードではなく、スターアニスを使ったパティスだったかアブサンだったかを本で読んだ気が・・・。


パティスっぽいこのオリジナルリカーですが、見た目と香りよりもライトで飲みやすいです♪
風邪をひかぬ様にコレを少しずつ頂きますかな。

拍手[0回]

WILD TURKEY Aged 8 yeard

いや~、またスパンが開いてしまいましたねぇ・・・。
その間にも・・・ボトルが3本くらい増えたような増えないような・・・気のせいですよね?(汗


さて、本日は風が強かったですなぁ。
春一番と言うんですな。
もうすぐ春ですねぇ・・・っといつか聞いた歌詞のような気もしますが(苦笑


春の話をしながらの紹介は・・・


『WILD TURKEY Aged 8 yeard』





ワイルドターキー8年。
・・・ハイ、あまり関係ありません(汗
いや、イメージ的には春か冬なのですよ、このボトル。
ちなみに、七面鳥(ターキー)の旬は冬なのだとか。
アメさんの国では古くから人々と係わり合いが深い鳥だそうです。まぁ、食用なのですが(苦笑


はてさて、鳥の解説ブログではないですから頂きましょうか。


『香』
マイルドでスモーキーな香りですね。
スモーキーと言っても、強い香りではないですね、程よい程度。


『色』
この手のものはあまり代わり映えしませんが、濃いあめ色。ブラウンか。


『味』
・・・うん、マイルドでスムーズな口当たり。
柔らかな口当たりの後、苦味が少し口の中に広がり、スモーキーな味わいを残しながら流れ込みます。
どうした訳か、少しクリーミーな雰囲気ですねぇ。いや、気になるほどじゃないですが、スモーキーな風味の中にそんな感じが若干。


ウィスキーの中でも、バーボンは甘いと言う位置づけになりますが、此方も中々甘め。まぁ、マーク
ほどじゃないですが。
その為、スムーズにグイグイといけてしまいますが、50.5度ありますので注意が必要ですな。
特別、コレだといったようなボトルではありませんが、その分頂く時を気に留めなくても良いボトルですな。
価格帯も手ごろですし、コレと言ったボトルが見つからないときは、此方を選ぶのも一挙かも分かりません(苦笑



~本日のボトル~
【バーボン】ワイルドターキー 8年 700ml 正規品

拍手[0回]

フリーエリア
紹介
HN:
bittar
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
洋酒・シガー・Disney
自己紹介:
洋酒とシガーそれにDisneyを愛するキザ野郎…その正体は何処にでも居る普通の男。
これら以外にも紅茶やJazz、大航海時代オンライン等も好みます。音楽ジャンルはJazz以外に幅広い洋楽や邦楽、イージーリスニングなど幅広い音楽を好む。
多趣味な人間です。クールを装いたがりますが、ネタに生きてみたりもします・・・(どっちなんだ・・・?
前略プロフ
フリーエリア
お酒に合うかもしれない物
健康
呑みすぎ、運動不足はメタボリック症候群の基ですよ!
フリーエリア
リンクバナー
使っていただけたら
光栄です(重いかも)

バナー

静止画1
バナー静止1

静止画2
バナー静止2
訪問数
Google
 
ブログ内検索
Friends Link
小生の友人or許可リンク集

Rの記述
R氏の綴るお茶目な
不定期更新テキストサイト
追伸:更新頑張りましょう



坊の独り言

A坊さんの書き綴る
エッセイ系日記ブログ
追伸:体を大切に!


com_ti001.gif
LoveLoveRum
よーこさんの書き綴る酒HP。
色々お世話になります^^;
今頃何処にいるやら
gooあしあと
御意見
[07/27 BymmedeInetly]
[05/14 backlink service]
[12/28 ランディル]
[10/24 bittar]
[10/23 Rの人]
広告


壮大なストーリーと派手なアクションでRPGの新たな道を開く一本!ハードな展開に気の利いたジョーク、シリアスな展開にやりこみ要素満載のEOEをやらない理由は無い!


ヌルゲーマー、ガキはお断り!
戦友よ本物の戦場にようこそ。ここでは派手なアクションや演出は見られない。理不尽な死もある。その中で小隊を指揮し、広大なスキラ島を戦い抜くハードなFPS。


ハードボイルドな男のミステリーを書くスティーヴン・ハンター。氏の小説は、男臭く、マニアックで、ハード。
まさに男の読み物。バーボンを片手に読むのに打って付け。
BARBOUR
アクセス解析
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メールフォーム
バーコード
フリーエリア


密林

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]